最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク

大村の歴史
 陰平町の経塚
(写真1) 陰平町の経塚 (中央部の石組の上は摩利支天)

陰平町の経塚
 注:経塚とは、「経典を永く後世に伝えるため、経筒などに入れて地中に埋め納めて塚を築いたもの。上に五輪塔などを建てることもある。経石・瓦経なども埋納する。」(広辞苑より)

(写真2) 経塚の中央部(石組) 石組上部は摩利支天

概要紹介
 
まず、「住みよい町づくり「チーム鈴田」設置の史跡説明板によれば、この経塚は、天正2年(1574)、キリシタンによって寺社の破壊が行われ、(陰平町にあった)久良寺がその暴徒に襲われた時に、経文(きょうもん)を持ち出して寺の東の山に埋めたのが、「経塚(きょうづか)」だと伝えられています。

 先の説とは別に、この経塚は、全国で平安時代の後期から鎌倉時代初期に流行した末法思想時に築かれたものではないかとの説もあるとのことです。 この経塚の石組の中央最上部にある摩利支天は、昭和28年(1953)に土地所有者の方が建立されたものです。このようにして、建立以来、大事に祀ってこられた経塚です。

 なお、末法思想流行時に築かれた経塚で福重地区にある例では、その下に経筒(きょうづつ、経典を入れた滑石製の筒)、そして、経塚の真上もしくは脇にあったのが滑石製平安仏(単体仏)がある例が多いです。 あと、大村市内で経塚が現存しているのは、ここだけで、県内でも数少ない例ともいえます。


 (後半原稿は準備中です。しばらく、お待ち下さい)



経塚について


 (この原稿は準備中です。しばらく、お待ち下さい)



広さ、大きさなど



 (この原稿は準備中です。しばらく、お待ち下さい)


摩利支天



 (この原稿は準備中です。しばらく、お待ち下さい)


補足



 (この原稿は準備中です。しばらく、お待ち下さい)

 

初回掲載日:2020年6月26日、第2次掲載日: 月 日、第3次掲載日: 月 日

歴史関連ページ 大村の歴史を考えるシリーズ、お殿様の偽装
大村の歴史個別ページ目次ページに戻る

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク