最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村の自然(山、川、滝、巨岩、石、洞窟、島、景観、その他)シリーズ  (釜川内の)礫岩(れきがん)) 

 (釜川内の)礫岩(れきがん)
(写真1) (釜川内の)礫岩説明板 (写真2) 礫岩の岩場
(写真3) 礫岩(単体) (写真4) 礫岩(拡大写真)
概要紹介 

  
  (このページの原稿は、全体準備中。しばらく、お待ちください)

 
名称:
(釜川内の)礫岩(れきがん)    岩の大きさ:(目測で)高さ----- 、横幅-----
  所在地:長崎県大村市陰平町、どんぎゅう山展望台への登り口の左側(大村湾側=西側)を下る

 注1:名称について、2020年4月10日撮影時点では、当時の地元設置の説明板(看板)には、名称として「さざれ石」となっていた。しかし、2020年5月22日撮影では、上記(写真1)の通り、新たに「礫岩(れきがん)」と変わっていたので、このページも全面的に変更、改訂している。

 注2:この(釜川内の)礫岩は、目測ながら高さ・横幅とも10数メートルはあろうかと思える岩場・石などが連なった総称である。つまり、単体の石や岩場を指しているのではなく、この場所の全体が、「(釜川内の)礫岩」である。そのため、掲載している石は、一部の礫岩である。

 注3:この礫岩とは、広辞苑によると「堆積岩の一種。礫が河川あるいは浅海に堆積して、砂などとともに膠着こうちゃく・固結したもの」と解説してある。また、(写真1)の説明板(看板)にも、(礫岩と)「さざれ石とは大石になる過程が違う」との主旨が書いてある。ただし、(石の状況は)「さざれ石とよく似ている」との記述もある。




  (この項目全体、準備中。しばらく、お待ちください)





補足

  (この項目は準備中。しばらく、お待ちください)


(初回掲載日:2020年5月20日、第二次掲載日(全面改訂):5月24日、第三次掲載日: 月 日、第四次掲載日: 月 日、第五次掲載日: 月 日)
((
大村の自然((山、川、滝、巨岩、石、洞窟、島、景観、その他)シリーズ  もくじページに戻る 

参考文献、書籍一覧表 「大村村の歴史」もくじ

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク