最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク


大村の石塔、記念碑、石碑や碑文など 萱瀬村上下境石
 概要紹介 掲載中
 1)南側にある境界石について -
 2)北側にあった境界石について -
   大きさ、緯度経度など
 まとめ
-
・碑文関係用語解説集ページは、ここからご覧下さい。
(写真1) 南側にある境界石(国道)444号線の石垣上部) (写真2) 北側の境界石は現在ないが中央下部に石があった 
 (写真3) 南側にある境界石 
概要紹介
 江戸時代、萱瀬村を耕地で萱瀬上村6町歩(約9.500平方メートル)、萱瀬下村6町歩ずつ分けるために、南北に境界石を設置しました。その二つの石の間を結んだラインが上村下村の境界線でした。今回紹介の境界石は、元々は二つありました。

 しかし、現在は、(写真1、2参照)宮代町、萱瀬小学校バス停から郡川の上流方向へ行った国道444号線の(右側)石垣上部にある南側の境界石だけが残っています。この石の大きさは、目測で高さ1m強、幅60cm位の細長い目立つ石です。

 あと、現在はありませんが、北側にあった境界石の場所は、大村市指定史跡「菅牟田古戦場の跡」近くで市道挟んだ上部にある民家の門口にありました。何十年か前の道路もしくは門口の工事の時に、その境界石はなくなったようです。 (写真2)は、その石があった周辺(コンクリートが白く見えている付近に石があった)の写真です。

1)南側にある境界石について
 (写真1と2)に写っている南側の境界石の場所は、萱瀬小学校前で、郡川に架かる朝追岳橋(あさおいだけばし)の所から国道444号線を上流側へ、約80m行きます。そして、今度は、逆に坂口(竹松や大村市街地)方面へ行く反対車線側に高さ約2mの石垣があります。(写真4)ならば、黄色文字のの地点です。

 先の石垣上の雑木林の中に、この南側の境界石があります。国道からならば (写真1)のように見えています。もう、今は、文字判読は難しくなっていますが、(写真1)の右側には、まるで立札みたいな説明板があります。上野の目測ながら、この南側の境界石の大きさは、高さ約1m幅約60cm細長い自然石です。この周囲にある石には、無いような細長い目立つ形状をしています。

 (写真4) A=南側にある境界石B=北側にあった境界石(今はない)
ABを結んだラインが萱瀬村を上村下村に分けていた境界線
(グーグルアース写真に黄色文字を作成、加工) 
 その訳は、私の推測ながら、もう一方の北側にあった境界石との中間部から見えやすいようにするためだったのではないでしょうか。そのことにより、萱瀬村上村下村を分ける境界線が、中間部で目視でも引けたのではないかとも想像されます。なお、この境界線は、直線で約350mあります。

 ご参考までに、この境界線の理由だけではないでしょうが、このライン上には菅牟田川、里道(赤道)、市道の一部もあります。この川や道の直線部は、江戸時代当時の境界線と、ほぼ重なっているようにも見えます。

 そのラインは、(写真4)に図示していますを結んだ線です。
 

2)北側にあった境界石について



 (この原稿は準備中。しばらく、お待ちください)



(初回掲載日:2020年9月23日、第二次掲載日:11月15日、第三次掲載日: 月 日、第四次掲載日: 月 日、第五次掲載日: 月 日、第六次掲載日: 月 日、)

大村の記念碑、石碑や碑文(目次ページ)へ戻る
大村の歴史個別ページ目次ページに戻る

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク