最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク

もくじ
関係ページ
関係ページ
 長崎県大村市の福重地区は、奈良・平安・鎌倉・室町時代に神社仏閣さらには石仏、仏頭、線刻石仏なども数多く造られました。しかし、戦国時代にキリシタンなどによる完全なまでと思えるくらいの神社仏閣の焼き討ちや破壊がおこなわれ、同時に多くの貴重な石仏なども壊されてしまいました。しかし、かろうじてキリシタンの破壊から難を逃れた石仏も現存しています。今回、この『仏の里 福重』ページには、順次その石仏、仏頭、線刻石仏、不動明王などを紹介していきたいと考えています。写真や原稿の準備ができた分から掲載したいと考えています。
番号
石仏様名称(仮称含む)
掲載日(初回)
所在町名など
     
準備中 準備中 準備中
38
- - -
37
立福寺の地蔵 2017年 8月 2日 立福寺町(六社権現の境内)
36
立福寺の薬師如来 2017年 6月12日 立福寺町(六社権現の境内)
35
安産祈願の千手観音 2017年 4月16日 弥勒寺町(清水の線刻石仏の隣)
34
草場の大日如来 2014年 9月26日 草場町(松尾神社の鳥居の東側)
33
竈権現の地蔵 2013年10月12日 寿古町<竈(かまど)権現前>
32
強力の単体仏 2008年 6月23日 福重町(私有地、畑の脇)
31
上八龍の単体仏 2008年 6月19日 弥勒寺町(個人の宅地内)
30
草場の単体仏 2008年 5月28日 草場町
29
草場の二体仏 2008年 5月10日 草場町(松尾神社境内)
28
石走の道祖神 2008年 5月 4日 福重町(市道脇)
27
石走の単体仏4 2008年 2月 1日 福重町(個人の宅地内)
26
石走の単体仏3 2008年 1月31日 福重町(個人の宅地内)
25
石走の単体仏2 2008年 1月28日

福重町(個人の宅地内)

24
石走の単体仏1 2008年 1月25日 福重町(個人の宅地内)
23
石走の線刻石仏 2008年 1月18日 福重町(個人の宅地内)
22
三体仏 2008年 1月 8日 弥勒寺町(熊野権現の敷地内)
21
線刻不動明王像 2007年12月23日 弥勒寺町(弥勒寺町公民館の敷地内)
20
下八龍の線刻石仏 2007年12月16日 弥勒寺町(シュシュの駐車場横)
19
上八龍の線刻石仏 2007年12月13日 弥勒寺町(熊野権現の敷地内)
18
石堂屋敷の単体仏 2007年12月10日 弥勒寺町(私有地)
17
石堂屋敷の線刻石仏I 2007年12月 6日 弥勒寺町(私有地)
16
石堂屋敷の線刻石仏H 2007年12月 1日 弥勒寺町(私有地)
15
石堂屋敷の線刻石仏G 2007年11月28日 弥勒寺町(私有地)
14
石堂屋敷の線刻石仏F 2007年11月21日 弥勒寺町(私有地)
13
石堂屋敷の線刻石仏E 2006年 1月 1日 弥勒寺町(私有地)
12
石堂屋敷の線刻石仏D 2005年12月30日 弥勒寺町(私有地)
11
石堂屋敷の線刻石仏C 2005年12月23日 弥勒寺町(私有地)
10
石堂屋敷の線刻石仏B 2005年12月20日 弥勒寺町(私有地)
09
石堂屋敷の線刻石仏A 2004年 5月 8日 弥勒寺町(私有地)
08
石堂屋敷の二体仏 2004年 5月 1日 弥勒寺町(私有地)
07
石堂屋敷の単体仏D(北東側) 2016年 7月23日 弥勒寺町(私有地)
06
石堂屋敷の単体仏C(右側) 2004年 4月 5日 弥勒寺町(私有地)
05
石堂屋敷の単体仏B(中央) 2004年 4月18日 弥勒寺町(私有地)
04
石堂屋敷の単体仏A(左側) 2004年 4月24日 弥勒寺町(私有地)
03
石堂屋敷の仏頭3 2007年11月11日 弥勒寺町(私有地)
02
石堂屋敷の仏頭2 2004年11月 7日 弥勒寺町(私有地)
01
石堂屋敷の仏頭1 2004年 3月24日 弥勒寺町(私有地)

関係ページ
関係ページ

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク