最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク

石堂屋敷の単体仏A(左側)(滑石製の平安仏)
写 真
所在地:大村市弥勒寺町、石堂屋敷(私有地内)

  この石堂屋敷の単体仏A(滑石製の平安仏)は、先にご紹介しました単体仏の三体並びの左側にあります。左写真でもお分かりの通り、左下が欠けています。顔の方は、他の単体仏同様に痛みが激しく分かりにくくなっています。ただし、私の見た目、肩より下の彫像そのものは、他の滑石製の平安仏に比べ、すっきりと形状が見えていると思われます。

 ・造立年代:平安時代末期
 ・大きさ:高さ24cm、横幅16cm、胴囲(周囲)36cm
 ・石材:滑石製

 ・元あった位置:末法思想流行時に経筒が埋められた経塚の上に目印あるいは信仰目的で置かれていたと推測される。(詳細は、大村の経筒ページを参照)

(掲載日:2004年4月24日、第二次掲載日:2016年5月22日、第三次掲載日:2018年3月11日)


石堂屋敷の単体仏A、B、Cの三体並び (上記項目は左側の「石堂屋敷の単体仏A」)




関係ページ紹介

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク