最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク

上八龍の線刻石仏
写 真

所在地:大村市弥勒寺町(元々は田んぼ脇、現在は熊野権現の境内)


 
上八龍の線刻石仏元々あった場所は、弥勒寺郷(町)の字「上八龍」)の田んぼ脇にありました。圃場整備時に移設され、長年、高速道路近くの田んぼの土手に置いてありました。そこから2014年3月26日に、弥勒寺町公民館東側、熊野権現の境内(現在地)に移設・安置されました。

  左写真は、田んぼの土手にあった頃で、左下側写真も同じ場所で模様線部分のみがCG線の写真です。右下側写真は、移設後の現在地です。
 ・制作年代 :正確には不明だが平安末期から中世時代と推測
 ・石全体の大きさ :高さ175cm、横幅312cm、厚さ27cm
 ・仏(線刻模様)の大きさ :高さ約137cm、横幅約123cm
 ・石全体の重さ:2トン

 詳細紹介ページは、「CG石仏写真(もくじ)」の『上八龍の線刻石仏』ページを参照願います。

(掲載日:2007年12月13日、改訂:2014年3月26日、第2次改訂:2016年7月27日)



関係ページ紹介

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク