最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク

石走の道祖神
写 真
所在地:大村市福重町、市道脇

  この石走の道祖神は、大村市福重町の市道脇にあります。(注:道祖神は、この『仏の里 福重』シリーズと趣旨が違いますが、福重にある石塔類として取り上げています)なお、詳細は既に『名所旧跡』シリーズの「石走の道祖神」に掲載中です。

 この道祖神は、幅、高さとも約1mの平たい石で造立年代などは不明です。真ん中の下部に「道看(どうかん)の二文字があります。また、元々あった場所は、こここから少し離れた市道下側にある田んぼ脇にあったと言われています。

 また、「道祖神ではないのではないか。例えば墓碑ではないか」などの異説があることも、ご紹介しておきます。
(詳細は石走の道祖神をご覧下さい) (掲載日:2008年5月4日、改訂日:2016年7月2日)


<補足>(詳細は「石走の道祖神」を参照)

 ・碑文は道看(正確には「看」の俗字)と判明(左側から1、2番目写真を参照)

 ・碑文上部の丸いマークは、禅宗の墓碑に見られる円相ではないかとも思われる。

 ・「道祖神」ではなく、誰かの墓碑説も推測される。

詳細ページ:石走の道祖神
石走道祖神の写真(黄色の線はCG加工線)
道看
上部が円相


関係ページ紹介

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク