最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク

石堂屋敷の仏頭3
写 真
所在地:大村市弥勒寺町、石堂屋敷(私有地内)

  この仏は敷地横の田んぼ近くにあります。仏の輪郭がやや分かりずらく先に紹介中の『仏頭1』に比べ明らかに粗雑です。現在、顔を上にして寝ておられる、やや不自然な状態です。ここからは私の推測ですが、敷地内に傾斜があり、そのためズリ落ち可能性もあります。

 石仏としては未完成であり、同じ石堂屋敷にある完成形の仏頭1と比べても、それは一目了然です。たぶんに練習中のものか、もしくは完成させることなく途中で放棄したものと推測されます。

 ・制作年代:諸説あるが正確には不明(中世時代との説もある)
 ・大きさ:高さ約125cm、幅約130cm
   
  (掲載日:2007年11月11日、改訂日:2016年7月19日)

 <補足>詳細は『仏頭3(CG写真)』ページを参照。

 左写真は、加工する前の線部分をCG化したものです。CG線について、視認しにくい部分は、あえてCG化していない部分もあります。また、この石仏と同様に制作途中で放棄したと思われる『仏頭2(CG写真)』よりも、線の彫り自体が少ないです。

 なお、元々が未完成の石仏のため、この線自体が、(完成した)『仏頭1』のように彫るため様々な線、つまりスケッチみたいな線だった可能性もあります。その点は、あらかじめご了承願います。


関係ページ紹介

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク