最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク

石堂屋敷の単体仏D(北東側)
写 真
所在地:大村市弥勒寺町、石堂屋敷(私有地内)


  この単体仏は、一体だけ先に紹介中の「石堂屋敷の単体仏A・B・C」(三体並び)とは全く別の場所で、石堂屋敷の北東側、「石堂屋敷の線刻石仏H」の前にあります。

 この石仏発見の経緯に、ついてです。2008年9月19日、「石堂屋敷の線刻石仏I」の拓本作業をしました。その1日前、この石の近くにあった木の切株の除去作業をしていた時、福重郷土史同好会2名で土の中から偶然発見しました。

 その時から左側写真の通り、半分欠けた状態でしたが、持った感じ、ズシリと来る質量感あるものでした。
 ・制作年代:平安時代末期頃
 ・大きさ:高さ19cm、横幅17cm、胴囲39cm
 ・石材:滑石製
 ・注:もしも上部が欠けていなけば、上野の推測ながら石仏全体の高さは、25cm前後あったろうと思われる。

(掲載日:2016年7月23日、改訂日:    年 月  日)




関係ページ紹介

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク