最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク

石堂屋敷の線刻石仏G
写 真
所在地:大村市弥勒寺町、石堂屋敷(私有地内)


 
 この石堂屋敷の線刻石仏G
は、石堂屋敷の登り坂から数メートル登った地点から右側に行く道の数メートル先の上側にあります。線刻石仏Fから数えたら2番目です。

 左写真は、
石堂屋敷の線刻石仏Gの石全体です。中央部分に、仏の線刻模様があります。

 ・制作年代:諸説あるが正確には不明(中世時代との説もある)
 ・ 石全体の高さ83cm、横幅120cm


(掲載日:2007年11月28日、第2次掲載日:2016年7月31日)

  この石堂屋敷の線刻石仏G(模様線)は、胸より下は地面にあります。私は、2008年9月12日、地面を掘って拓本作業を実施したところ、胸部だけでなく腹部にも模様線がありました。その模様線は、他の同種の線刻石仏13体と、ほぼ似ていました。

 その後、模様線のCG加工もおこないましたが、線が分かりにくかったため、作業が遅れていました。結局、2009年9月16日に左側写真にあるようなCG模様線が加工できました。念のため、判別が難しい模様線は、CG加工はしていません。

 なお、建立(制作)当時は、最初から地面に埋まってはいなかっと思われます。たぶんに、地面のズリ落ちや、木の根っ子の関係から、現在ような状況になったと推測されます。

 詳細紹介ページは、CG石仏写真(もくじ)の『石堂屋敷の線刻石仏G』を参照願います。


関係ページ紹介

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク