最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク


大村の石塔、記念碑、石碑や碑文など 沖田郷の道路改修記念碑
 概要紹介
-
 1)記念碑内容について -
 2)記念碑の大きさなど
-
   緯度経度など
-
 まとめ
-
・碑文関係用語解説集ページは、ここからご覧下さい。
(写真1) 2009年12月29日
沖田郷の道路改修記念碑
(写真2) 拓本作業中の記念碑(2019年7月25日)

概要紹介
 この沖田郷道路改修記念碑は、彫られた碑文によれば「大正十四年四月」(1925年4月)に建立されたものです。建設当時の記録がないので、地元の伝承をもとに、これから書いていきます。念のため、場所を明らかにするため、先の大戦時に一時期あった海軍の草薙部隊(くさなぎぶたい)と、その同じ場所に戦後に開校した郡中学校敷地のことを何回となく記述しています。

図A:沖田郷中心の地図(<昭和13年(1938)頃の地図>
「昔の竹松」掲載の地図から沖田郷を中心にトリミングした)
(現在の郡中学校
赤枠線で、郡川水色で上野が彩色した)

 しかし、大正十四年四月」(1925年4月)当時は、当然のごとく先の草薙部隊郡中学校も全くない、田畑ばかりだった時代です。下図=「図A:沖田郷中心の地図」に図示した赤枠線(現在の郡中学校敷地)は、分かりやすくするために描いたものですから、あらかじめ、ご了承願います。

 この記念碑の元あった場所は、大村市立郡中学校の敷地の南西側方向にあったといわれています。そこから、様々な経過を経て、現在は、郡中学校の北側方向にある沖田氏の生垣にあります。

・記念碑の元あった道路は
 記念碑名称の道路は、どこの道路を言うのかです。この道路は、一説によりますと、現在、郡中学校の敷地西側の真横を通る道路があります。ここは、郡中学校北東側の国道34号線から大村湾側を走る杭出津松原線(サンセット通り)まで長さ約800mで、一直線の2車線道路です。しかし、当然、この道は、最初から2車線ではありませんでした。

 また、先の郡中学校の敷地南側から、やや離れた所には1車線ながら沖田町から竹松方面に伸びる道路があります。今回の記念碑は、先の郡中学校の西側の道路と、同じく南西方向側にある道路の一部を改修した時のものと思われ、その二つの道路の交差した近くに記念碑が建立されたのではと推測されています。

沖田郷道路改修記念碑

・「改修」よりも新設の道路建設に近い工事だったのでは
 あと、この記念碑に彫られている道路改修記念の「改修」についてです。大昔からあった里道
(りどう)=赤道(あかみち)は、大抵の場合、せいぜい、人や馬が通る道幅(数十cm〜1m以下)でした。

 その狭い幅を馬車(荷車、大八車)が通れる位(2m強)に拡張したので、改修との碑文が彫られていると考えられます。しかし、この改修は、その名称通りではなく、事実上、(当時としては)新規の道路建設工事に匹敵するものとも推測されます。

 また、大正14年(1925年)は、重機もトラックもない時代で、全て人力での作業ですから、かなりの難工事で、費用もかかりました。費用がかかったことについては、記念碑下部に建設費用を寄付した人名や、その数からも分かります。

 そこには、当時の沖田郷11名を始め竹松村、松原村など合計23名の名前が彫ってあります。そして、その金額も当時の600円以上です。だからこそ完成時の喜びも大きく、このような道路記念碑が建立されたと思われます。

 その後、この道路は、「沖田街道」とも呼ばれたようです。そして、当時の沖田郷(現在の沖田町)だけでなく、近隣の町含めて、農業振興や地域発展に大きく寄与しました。戦時中、急にできた海軍・草薙部隊の建設により、この道路は一部変わりましたが、大枠においては、ほぼ変わらない状況のようです。

 念のため、先にも書きました通り、現在ある2車線道路は、さらに後の、近年になってからの工事でできたものです。


1)記念碑の内容について

 

2)記念碑の大きさ、緯度経度など


   (この原稿は、現在、準備中。しばらく、お待ちください)



まとめ


 (この原稿は、現在、準備中。しばらく、お待ちください)


・関係ページ:

(初回掲
載日:2019年7月29日、第二次掲載日:8月11日、第三次掲載日:8月12日、第四次掲載日: 月 日)

大村の記念碑、石碑や碑文(目次ページ)へ戻る
大村の歴史個別ページ目次ページに戻る


最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク