最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村の自然(山、川、滝、巨岩、石、洞窟、島、景観、その他)シリーズ  いたぶ石 

いたぶ石
 名称  いたぶ石
 場所  伊賀峰城跡の南端側から約20m南側へ下った所
 石の大きさ  高さ7m65cm 、横幅4m80cm
 緯度経度  32度51分15.55秒 130度00分21.59秒  (国土地理院地図検索サイト)
 グーグルアース  32°51'15.55"N,130°00'21.59"E
 (大村)郷村記  「伊賀峰城」の項目に記述あり(下記にも同様のことを現代語訳含めて書いている)
(写真1) いたぶ石
(写真2) イタブの実
概要紹介 
 このいたぶ石ついて、上表通り、場所は大村市溝陸町(みぞろくまち)にある伊賀峰城跡の南端側から約20m南側へ下った所です。伊賀峰城跡には、(私が調べた時点で)その案内板も設置されています。少し急な傾斜の続く山道を下った所で見えてきます。なお、ご参考までに、(写真1)の撮影地点は、広角レンズで全景写真が撮れる岩の反対側で、少し離れた木の繁みからです。

 いたぶ石大きさは、高さ7m65cm、横幅4m80cmもある大きな一枚岩です。この岩壁の上からも、下側からも見学できます。下側から見ますと、江戸時代、大村藩が編纂した(大村)郷村記の内容「屏風を立てたるがごとき」の表現(=垂直の岩壁)より、やや傾斜のある形状といえます。

 (後で詳細に書きますが)このいたぶ石が、何故このような名称で呼ばれているかについてです。江戸時代、大村藩が編纂した(大村)郷村記には、その名前だけで詳細な記述はされていませんが、私の推測ながら、イタブの実(写真2を参照)に似ているからと思われます。

歴史について



  (この項目は準備中。しばらく、お待ちください)




岩壁の形状とイタブの実について




  (この項目は準備中。しばらく、お待ちください)




補足

  (この項目は準備中。しばらく、お待ちください)


(初回掲載日:2020年5月19日、第二次掲載日:5月26日、第三次掲載日: 月 日、第四次掲載日: 月 日、第五次掲載日: 月 日)
((
大村の自然((山、川、滝、巨岩、石、洞窟、島、景観、その他)シリーズ  もくじページに戻る 

参考文献、書籍一覧表 「大村村の歴史」もくじ

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク