最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
福重の写真集 その450
2019年 裏見の滝しゃくなげ祭り 開会式 (概要報告)

左側:例年、一番咲きの(樹齢53年のシャクナゲ)太陽、右側:満開の(2019年4月1日撮影)

神事中
写真奥側:相田会長の挨拶

2019年、裏見の滝しゃくなげ祭り開会式 (概要報告)
日時:2019年4月1日
(神事:11時00分〜11時20分、後は直会)
参加:
目算で約40人
場所:
大村市 立福寺町、シャクナゲ公園駐車場
主催:裏見の滝公園管理委員会

シャクナゲの咲いている場所:大村市 立福寺町、重井田町
シャクナゲの数など:日本・世界のシャクナゲ45種類、合計6,000本

・以前から掲載中のシャクナゲ写真集ページ:「2003年シャクナゲ写真集」、「2004年シャクナゲ写真集

 2019年のシャクナゲ祭り開会式は、天気は晴れながら、けっこう冷たい強い風がふく中、開催されました。開会式は、まず神事がおこなわれ、シャクナゲ祭り期間中の盛会と、お客様や公園管理委員など関係者の安全を全員で祈願されました。

 神事の後、直会(なおらい)となり、公園管理委員会・会長の相田氏の開会挨拶、さらには大村市長(代理)や三浦・大村市議会議長などの来賓挨拶がありました。また、朝長市議のご発声による乾杯の後、昼食とともに懇談もおこなわれました。

 私が、聞いた範囲内で、今回の特徴的な内容をまとめますと、(順不同ながら)次のことが語られました。
 ・このシャクナゲ祭りは(1990年が初回で)今年で第29回目であり、来年は記念の30周年を迎えることになる。
 ・シャクナゲの本数は(国内外の品種を問わず)全体で約6000本植えられている。

 ・昨年(2018年)の猛暑で、シャクナゲは心配されたが、今年の生育や花の状況は良い。
 ・今日から5月5日までの期間中、昨年実績(11,568人)だけでなく、もっと多くの観光客の方々に来て頂きたい。
 ・祭り期間中、観光客の皆様、公園管理委員全員が、安全で終えることを祈念している。

 また、例年通り、この日も祭り会場では、松原そばの会様より、美味しいソバの提供があり、皆で頂きました。あと、ご参考までに、シャクナゲの花の状況は、(2019年4月1日現在)シャクナゲの一番咲き品種は、(このページのシャクナゲ写真通り)既に何種類か咲いています。桜の方は、「満開」という状況でした。このように、この周辺では、二つの花が同時に楽しめましたが、あと数日で桜の方は散るでしょう。

 シャクナゲについて、これからの開花は、自然の花なのでなんとも言えませんが、二番咲き品種も、例年とほぼ同じペースで花咲くでしょう。 (シャクナゲの早咲き〜遅咲き含めて全体の花の状況は、次のリンク先ページから参照願います。「2003年シャクナゲ写真集」、「2004年シャクナゲ写真集」)

 大村市長(代理)の祝辞(中央奥側)  三浦・大村市議会・議長の祝辞
 乾杯の音頭:朝長市議  右下側:松原そば上部は満開の桜
 2019年4月1日のシャクナゲ:赤星  2019年4月1日の赤星
 2019年4月1日のビビアニー  2019年4月1日のプレジデント・ルーズベルト


最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク