最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク

福重の名所旧跡や地形

帯取塚跡(今富町)
帯取塚跡(おびとりづかあと) 場所:長崎県大村市 今富町

  この『帯取塚跡(おびとりづかあと)は、今富町の帯取に、かつてあった石組(石垣)でできた塚のことです。その当時の石組は数段の石垣で、塚上部にサクラ(桜)と、ハギ(萩)が植わっていました。ただし、現在は、帯取塚はなくなっており、道路や歩道もしくは田んぼになっていてます。この塚は、江戸時代の(大村)郷村記や大村藩領絵図に記述されていて、帯取地名発祥地です。さらに地域伝説から派生したと思われる「天女伝説」が、伝承されてきた所でもあります。

・左写真(写真1) : 中央部の石組(石垣):帯取塚(1987年3月22日制作の福重小学校所蔵のアルバムより)

(写真2) 帯取塚跡周辺

帯取塚跡の場所について
 帯取塚の場所は、江戸時代編さんの(大村)郷村記には、現代語訳で「今富村帯取郷にある不動社前の道の傍(かたわ)らにある田んぼの中にあり」と記述されています。

 この「不動社」というのは、現在も地元の氏子(うじこ)によって祀っておられる不動尊のことです。この不動尊の参道入口周辺から南南西に約140m下った道路・歩道もしくは田んぼが、その帯取塚です。 (写真1参照=1987(昭和62)年3月頃に制作された福重小学校所蔵アルバムの「帯取塚」より)

 また、今富町にある大村市の乗合いタクシー停留所「今富町」から北西側へ5メートルほど行った所という表現が分かりやすいかもしてません。 (写真2)が、2020年2月6日に写した現在の写真で、(写真1)と、ほぼ同様の角度です。

 ただし、現在は、(写真1)に写っています(この当時まで現存していた)帯取塚周辺の道路、石垣、水路や木々などは、かなり変わっています。後年に、おこなわれた市道や歩道の拡幅工事や、田んぼの圃場整備(ほじょうせいび)などにより、帯取塚は、無くなってしまいました。

 先の両写真対比で推測しますと、帯取塚があったのは、2020年2月現在写真左側にある電柱の数メートル手前周辺で、その道路・歩道部分か、右側にある田んぼの中のようです。

大村藩領絵図と大村郷村記の内容について

(写真3) 大村藩領絵図(一部分)
中央部やや下側にに「帯取」の文字あり
・大村藩領絵図にある「帯取」の文字
 まず、右側(写真3)の大村藩領絵図(一部分)を、ご覧願います。この絵図中央部下側に「帯取」の文字が書いてあります。この文字の真上を通る黒色の実線=道は、現在も市道としてあり、ほぼ位置が変わっていない道路です。そして、この「帯取」文字の頭部が、今回紹介中の帯取塚と、ピッタリ一致する場所でもあります。

・大村郷村記の記述について
 帯取塚について、復刻版=活字版の大村郷村記(発行者:図書刊行会、編者:藤野保氏)第2巻(福重村)134ページ下段に記述されています。まず、その全文を下記の太文字で書いていきます。また、原文は、縦書きの続き文で旧漢字体などです。

 念のため、できるだけ原文は生かしたいのですが、ホームページ表記できない文字もあるため、それらと同じような漢字に上野の方で変換しています。 なお、見やすくするため太文字に変え、さらに改行したり、文章の区切りと思えるところに空白(スペース)も入れています。なお、引用、参照される方は、必ず大村郷村記の原本から、お願いします。

一 帯取塚
 今富村帯取郷不動社前道傍田の中にあり、三尺方位の塚なり、近來まてハ小さき櫻壱本、萩壱株ありしか、今は櫻ハ枯て萩のみ残れり、

此兩株は先年より此塚にありて、天和二年の書記に、其比黄老の人も何のろより在りしや知らすと云、帯とりと云事ハ、元此塚の名にて、往古此處に帯のよふなる石降りたるゆへ此塚を築き帯とり塚と名つけ、末世に其しるしを残し、夫より塚の名を郷所に呼し由云傳ふ


・現代語訳


 (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)



地元伝説から派生した地名発祥の二つと、「天女伝説」



  (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)




補足



 (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)




(初回掲載日:2020年2月10日、第二次掲載日:2月11日、第三次掲載日:2月15日、第四次掲載日: 月 日、第五次掲載日: 月 日、第六次掲載日: 月 日)