最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク


(大村市今富町)帯取遺跡発掘調査 現地説明会(概要報告)

。(写真1) 帯取遺跡発掘調査 現地説明会、右側:柴田氏(学芸員)が鍛冶工房跡を説明中。左側や奥側は見学者
 
(写真2) 左奥側:柴田氏の説明中。(同氏の前に鍛治炉跡が三つ、右側方向=建物中心部一つの鍛治炉跡がある)
(写真3) 建物北東部に3か所ある鍛冶炉跡(金属探知機に反応)
中央部左側の小さな(みぞ)は水の侵入防止用
(写真4) 建物中央部に1か所ある鍛冶炉跡(金属探知機に反応)

帯取遺跡発掘調査 現地説明会(概要報告)
期間:2020年2月11日 12:40~
場所:大村市今富町287
(帯取遺跡発掘調査現場)
主催:大村市教育委員会
参加数:
(目算で)約200名

概要:下記は、現地説明会で配布された資料を引用・参照し、さらに説明された内容含めて書いている。
(1)名称:帯取遺跡
(2)所在地:大村市今富町287番地

(3)調査主体:大村市教育委員会
(4)調査:宅地造成時に伴う帯取遺跡範囲確認調査

(5)主な説明:出土した鍛冶工房跡(かじこうぼう)遺物など
 注:鍛冶とは、「金属を叩いて道具に加工すること」をいう。念のため、鉄を製造する製鉄所ではなく、あくまでも既にある鉄を叩き加工して、例えばナイフや錐(きり)など様々な鉄器を作ることである。

今回の成果:鍛冶工房跡の発見
 約1700年前(弥生時代末~古墳時代初頭頃)の鍛冶工房跡が発見された。同時代の鍛冶工房跡の出土は、長崎県内で壱岐市のカラカミ遺跡についで、2例目で珍しいことである。その工房跡の広さは、7メートル四方の竪穴式建物であった。この建物内に、4つの鍛治炉(だんじろ)がある。注:は「鍛冶炉(だんじろ)」とは、鉄に加熱・溶解などできる装置のこと>この鍛治炉は、建物中央部に1つ、北東部に3か所ある。

 なぜ、この場所が分かったのかというと、それは、先の鍛治炉に金属探知機を当てると、反応したからである。また、この鍛治炉は、白・オレンジ・赤色と同心円状に色調が変化している。なお、ここを鉄製小型スコップで叩く実演があったが、他の普通の土(泥)に比べ、カンカンと金属製の音が出ていた。

建物中心部に一つ、北東部に三つある鍛冶炉跡について
 今回発見された4つの鍛治炉(だんじろ)の状況を、建物の中央部北東部(2か所)に分けて、まとめますと下記の通りである。

(写真5) 左側下部:3か所、右側に1か所鍛治炉跡(やや赤白く変色している所)

・建物中心部に一つある鍛治炉跡
 建物床面をそのまま鍛治炉の底として使用したもので、約1mの円形状で、中心から外側にかけて、白色、オレンジ、赤色と同心円状に色調が変わっている。(白色へいく方が熱が高かったとのこと)

・建物北東部に三つある鍛治炉跡
 建物床上に粘土を張って鍛治炉の底としたもので、長さ約0.5~0,7m、幅約0.4~0.6m、厚み約5cmの不定形である。被熱によってスコップが通らないほどに硬くなっていて、叩くと金属音がするほどである。この部分は白色、オレンジ、赤色と同心円状に色調が変化している。(白色へいく方が熱が高かったとのこと)

 この北東部の鍛冶炉の一部には、幅約20cmの小さな溝(みぞ)に囲われていて、水の侵入を防ぐ役割があると考えられる。<(写真3)の中央部左側にあるを参照>
 鍛治炉の底が高温で焼けている状況からして、いずれも(ふいご=)を使用していたことが分かる。(注:(ふいご)=「金属の熱処理や精錬に用いる送風器」、広辞苑の解説より)

発見された遺物と写真説明


    (この原稿は、準備中。しばらく、お待ち下さい)


鍛冶工房跡の発見の意義と重要性などbr>

   (この原稿は、準備中。しばらく、お待ち下さい)



現地説明会での質疑応答


   (この原稿は、準備中。しばらく、お待ち下さい)


上野の感想など

  (この原稿は、準備中。しばらく、お待ち下さい)



・参考ページ
(帯取遺跡近くの名所旧跡など):「黄金山古墳(こがねやまこふん)」  「不動尊(ふどうそん)」 「」 「」

(第一次掲載日:2020年2月13日、第ニ次掲載日:2月17日、第三次掲載日:2月 日、第四次掲載日:2月 日、第五次掲載日:2月 日、第六次掲載日:2月 日)

 
大村の歴史個別ページ目次ページに戻る

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク