最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク


大村の石塔、記念碑、石碑や碑文など 大村良純夫妻(清阿・清心)の逆修碑
 概要紹介
掲載中
 1)碑文内容について -
 2)大きさなど
-
   緯度経度など
-
 まとめ
-
・碑文関係用語解説集ページは、ここからご覧下さい。
(写真1) 大村良純夫妻(清阿・清心)の逆修碑 (写真2)  中央やや右側の下部が逆修碑、左奥の山は伊賀峰城跡

(写真3) 逆修碑のCG写真(梵字・二体像・碑文)

概要紹介
 
注:逆修とは、「生前に、あらかじめ自分のために仏事を修して死後の冥福を祈ること」(広辞苑より)>

名称:大村良純夫妻(清阿・清心)の逆修碑
<おおむら よしずみ ふさい (せいあ・せいしん) の ぎゃくしゅうひ>

 大村市今村町には、戦国時代末期頃の建立と思われる大村良純夫妻(清阿・清心)の逆修碑があります。場所について、この石塔のある周囲は、全て田んぼと農道なので説明がしにくいため、詳細な所在地は、下記項目の緯度経度を参考に願います。

 この石塔の建立年は、正確には分かっていません。ただし、逆修碑は、生前に造られているので、大村良純の没年「永禄12年(1569)3月6日」より早い時期となります。あと、ご参考までに、大村純忠のキリスト教入信「永禄6(1563)年」以降、しばらくして大村領全体が、まるで”キリシタン王国“みたいになっていきます。

 そのような時代の中で、このような仏教そのものの逆修碑が、この時期に建立されたことは、年代的に見るなら、ある意味興味深いものとも思えます。

・逆修碑の特徴

 また、この逆修碑の特徴の一つは、正面に夫婦と思われる線刻された二体像があることです。石像造りに不向きな大村産出と思われる石材ながら、この二体像は、彫りも保存状態も良いです。(写真3のCG写真参照) ただし、左右両側面および裏面側に彫ってある像は、摩耗が激しいです。(詳細は後の項目を参照)

 碑文について、梵字が2文字と、漢字が8文字彫ってあります。その意味は、口語訳で「清阿、清心 菩提となすなり」です。(詳細は後の項目を参照)

・逆修碑は六地蔵(塔)の再利用
(リサイクル)
 この逆修碑は、便宜上
(べんぎじょう)の段数表現で、(写真1の)上部から3〜4段目です。そして、この部分は、元々は六地蔵(塔)の竿部(さおぶ)ともいわれています。つまり、この逆修碑は、元々この地周辺にあった六地蔵(塔)を再利用(リサイクル)して造られたものといえます。このような六地蔵(塔)の再利用は、珍しいものではなく、例えば大村市内では「紫雲山延命寺の標石」などが有名です。(詳細は後の項目を参照)

 大きさについて、逆修碑のみでは高さ134cm横幅57cmです。なお、ご参考までに、(写真1の)上から1〜2段目も含めますと、全体の高さは187cm、横幅は
(前同で)57cmです。

 あと、この逆修碑のある所から眺めますと、遠くは雲仙・普賢岳、中ほどには(写真2に写っている)伊賀峰城跡、近くには今村町の集落や美しい田園風景などが、望める眺望抜群の所でもあります。

1)碑文内容について


     (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)



・口語訳
 


   (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)



2)大きさ、緯度経度など
 


 (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)



まとめ



 (この原稿は、現在、準備中。しばらく、お待ちください)



・関係ページ:「」 

(初回掲
載日:2020年6月24日、第二次掲載日:7月1日、第三次掲載日: 月 日、第四次掲載日: 月 日、第五次掲載日: 月 日、第六次掲載日: 月 日、)

大村の記念碑、石碑や碑文(目次ページ)へ戻る
大村の歴史個別ページ目次ページに戻る


最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク