最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク

福重の石仏写真展・報告(概要)

 福重の石仏写真展の一例(左側:線刻不動明王像、中央部:仏頭、左側:六地蔵、中央下部:草場の経筒その2)

福重の石仏写真展・報告(概要) (先に掲載中の案内ページは、「福重の石仏写真展チラシ」を参照)
期間:2019年1月29日(火)〜2月24日(最終日は14:00閉館)   入館無料
休館日 2月4日(月)、12日(火)、18(月)   
地図やアクセス:ナガサキピースミュージアムの紹介ページを参照
出展者:福重ホームページ管理人:上野
<主な内容>
 ・福重の石仏写真約40枚と福重の風景写真
 ・「草場の経筒その2」を展示
実物、下記写真参照)

左側:案内ポスター、中央:ナガサキピースミュージアムの玄関 展示一例:滑石製平安仏(単体仏)の写真

<来場者の感想など>(第1回目報告)
 上記の3枚写真でも、お分かりの通り、福重の石仏写真展は、予定通り開催中です。ナガサキピースミュージアムのある場所の関係上、見学者は長崎市民の方が多いです。ただし、長与あるいは大村からも「見学に来た」と、おっしゃる来場者も複数名づつありました。そして、大勢の方から、次の「」内などの感想や意見が寄せられました。

 「福重は、どこにあっと? 大村市の北部ね」 「こんな古い石仏があるとは知らなかった」 「種類も多かねえ」 「どこかで線刻石仏を見たけど、こうやってCGで線を出すと鮮明で(模様線が)分かりやすい」 「珍しい。全然知らなかった」

「福重梨は有名で知っている。買いにも行っとるバイ」 「テレビで見て、直ぐに来んばと思って来たバイ」 「この経筒は実物ね? スベスベした石(滑石)ね」  「この経筒は、どうやって加工したのか?」 「また、福重梨か、フルーツ買いに行くけんがね」  「今、大村に住んでいるけど、こんな古い石仏が沢山あるとは、本当に知らなかった」

「あんたの福重ホームページは良く見とる。石仏だけでなく、幅広く何でも載せているね」 「(今回、写真で見たので)今度は、福重の現地の石仏や史跡を見たかね! 直ぐ分かっですか?」 「福重は古か歴史のある所と、よー分かった」 「平安時代からの寺も多かったとね」

などでした。 なお、また、第2回目、第3回目と追加、補足で感想などを掲載しようと考えています。しばらく、お待ちください。 (初回掲載:2019年1月31日)

 (下記は展示中と同じ石仏写真の一例と、「草場の経筒その2」)
線刻石仏の例 経筒の例 仏頭の例 単体仏の例 六地蔵の例 不道明王













・関係ページ:「福重のCG石仏写真(もくじ)」  「仏の里・福重(もくじ)」  「2018年12月9日、10日、11日開催の草場の経筒3個展示の感想・意見など(概要報告)」 「大村の経筒
弥勒寺跡(大村市弥勒寺町)

福重の石仏写真展ご案内チラシ(画像版)

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク