最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村の城シリーズ 西光寺山城(さいこうじやまじょう)
記 述 項 目 
( 主 な 内 容 な ど ) 
(1)名称  西光寺山城(さいこうじやまじょう)
(2)別名  西光寺山古城
(3)所在地  大村市小川内町(おがわちまち) 字(あざ)「 西光寺」
(4)築城年代  (詳細は不明) 戦国時代
(5)形式・特徴  平山城 
(6)城主など  不明
(7)現状(遺構)  城址遺構と特定できるものはない
(8)歴史(大村郷村記、大村藩領絵図など)  (大村)郷村記に記載されている
(9)土地や管理など  -

(10)補足、感想など
  西光寺山城は、江戸時代の(大村)郷村記に記述されているが、近代から現代までの書籍類には、少しだけしか紹介されていない城跡である。そのようなことから、(大村)郷村記を参考にしながら城跡の調査、紹介文章の作成など、上野独自でおこなっている。一人作業の結果、過不足や間違いなどもあるかもしれないので、その点はあらかじめご了承の上、このページはご覧願いたい。今後の調査継続や新たな資料(資料)類が出てくれば、補足・改訂・全面見直し含めて実施したいとも思っている。

 大村市内においての城跡調査で一番大事で、なおかつ困難を極めているのが、その場所の特定である。この西光寺山城の場所も、江戸時代の(大村)郷村記を素直に読めば大体の所は目星が付く。しかし、城郭の遺構が失われているようなので、現在の調査段階では、広範囲の場所を指し示す方法しかない。

 場所は、地名の字(あざ)で言うと、「 西光寺」である。そこは現在、鈴田小学校・鈴田幼稚園の東側にある鈴田運動広場の前を流れる鈴田川を挟んで、その反対側(北側)にある丘陵(山林地帯)のどこかにあったもののと思われる。この付近は、山林だけでなく、一部民家もあり、さらに「千本桜公園」まである。このような状況から、私は場所について断定的に書くつもりはない。城郭の遺構や遺物などが、今後発見されれば先に書いた通り、このページの補足、場合によっては全面改訂したいとも思っている。


中央部の丘陵(山林)のどこかにが西光寺山城があったと推定。<山林の手前側が鈴田川、さらに手前側にJR大村線を走行する列車が見えている>

1)西光寺山城を紹介するにあたって
 この西光寺山城は、江戸時代の(大村)郷村記に記述されていますので、後の項目で書きます。あと、この「大村の城シリーズ(目次ページ)」の個別城紹介ページでは、毎回のように引用・参照している『大村市の文化財』(2012年3月29日、大村市教育委員会発行)、「大村市史」(大村市史編さん委員会発行)には、西光寺山城についての記述は何もありません。

 また、江戸時代に作成された大村藩領絵図にも、この城の名前や場所の図示について、描かれていません。このようなことから、この城を語るにしては、資料(史料)が本当に少ない状況です。特に、城址調査で一番大事な場所の特定が難しいのは、城郭の遺構が失われていることや遺物なども出ていない現状にあります。

 あと、この城があったと言う「西光寺山」の字(あざ)についてですが、この字は、南部や東部側は鈴田川を境に、北側は「千本桜公園」周辺もしくはその下側(南側)までのようですから、結構分かりやすいものです。

 字(あざ)は、江戸時代の(大村)郷村記などに書いてあるからといって、全て正確というものではありません。近代になって変わった字=地名もあります。ただ、このように川などを境にした地名は、一般的に考えれば変えようがないとも思えます。そして、この字を由緒に西光寺山城が名づけられたとしたら、この字「西光寺山」の所に城はあったと考えるのが自然だといえます。

右側1番目写真の説明
 この写真中央部に丘陵(山林)部が見えています。ここの上部は、現在「千本桜公園」がある所です。山林の手前側が鈴田川が流れ、さらに手前側にJR大村線を走行する列車が見えています。

 仮に(大村)郷村記の距離が正しければ「鈴田川より約160mの所」、つまり写真に写っている山林の中腹部に西光寺山城はあったと推定されます。(大村)郷村記の距離では、「千本桜公園」の高い場所は、離れ過ぎで、その下側付近か、鈴田川近くの民家より上側何十メートル周辺とも思われます。

2)西光寺山城大村郷村記の記述
 江戸時代の大村藩が編纂した郷村記(通称:大村郷村記)鈴田村の古城蹟之事の項目に、「西光寺山古城」(注:西光寺山城のこと)として書いてあります。この大村郷村記によりますと、「西光寺山古城」については、次の「 」内通りです。ただし、昔の難しい漢字のためパソコン変換できない文字は、それに似た文字に上野の方で変えています。

 あと、原文は縦書きの続き文ですが、横書きに直し、見やすいように一部空白(スペース)を挿入し、改行もしています。あくまでも、ご参考程度にご覧になり、もしも引用される場合は、必ず原本からお願いします。

  一 西光寺山古城 天和の舊記に、宮薗といふ處より北の方四町程の處西光寺山にあり、此山の麓に廻リ拾町程、高さ拾貮、三間程、城の構へ東西拾六間、南北三拾四間、畝歩にして六畝拾四歩、北の方高尾續、南の方壹町半程下リ、鈴田川を水の手に用る外は水なしとあり、今其所を不知 

現代語訳
 上記の(大村)郷村記を現代語訳すると、下記< >内通りと思われます。ただし、上野の素人訳ですので、あくまでも、ご参考程度にご覧願えないでしょうか。( )内は、(大村)郷村記上で2行ある部分が一部あり、プラス私が付けた補足や注釈です。

<写真下側から斜め左側へ鈴田川が流れている>大村郷村記によると鈴田川から約160mの所(丘、山林部)に西光寺山城があったと言う(グーグルアース写真)

 また、(大村)郷村記は、西光寺山城の記述だけではありませんが、真偽の問題さらには方角や距離違いなどが常にあり、注意が必要と思われます。

   一つ 西光寺山古城 天和(天和年間=1681〜1683年)の古記録によれば宮園という所から北方に約436mほどの所に西光寺山にある。この山の山麓の周囲は約1,090mほどで、高さは22m〜24mほどである。城の構え(規模で)東西(の長さ)約29m、南北(の長さ)約62mであり、広さにすれば約642平方メートルである。

北の方は高い尾根続きで、南の方は160mほど下り、鈴田川の水を利用するしか(城で用いる)水の確保ができないとあり、今もその場所は不明である。 

右側2番目写真の説明
 このグーグルアースの写真中央部やや左下側(南側)方向に「西光寺」の地名を表す白文字があります。その文字よりさらに下側(南側)に鈴田川が、写真右側(東側)から流れてきています。

 大村郷村記の内容が仮に正しいとしたら、この鈴田川より約160m北側の丘陵部(山林)に西光寺山城はあったことになります。たったこれだけの情報では、城址のあった場所を特定するのは難しいです。ただ、先の「鈴田川より約160m北側」をヒントに考えると、この城址は写真中央部より下部周辺(「西光寺」の文字上側周辺の山林から、斜め下側方向=東端の山林まで)が、可能性として考えられます。

 あと、(大村)郷村記には、「西光寺山古城」と、字(あざ)=地名「西光寺」の下に、わざわざ「」の文字が入っているのは何故でしょうか。これは普通に考えれば、この城址のあった場所は、鈴田川流域の平地ではなく、やはり「」の文字が入っている通り、丘陵(尾根)部=山林部を示しているのではないかと推測されます。

 また、この丘には、泉や川などがなかったようですから、城の場所は水確保のためにも川からあまり離れていない位置関係だったとも思われます。いずれにしても、城郭の遺構が失われているようなので、現在のところ場所を特定して考えるより、広範囲の場所から、何らかの情報を探している状況です。

補足



(この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)



初回掲載日:2015年1月9日、第2次掲載日:1月13日、第3次掲載日:1月15日第4次掲載日:1月15日第5次掲載日:1月 日

参考文献、書籍一覧表 城関係用語集

「大村の歴史」もくじ


最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク