最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村の偉人・有名人・活躍人シリーズ  浜田彪(はまだ ひょう)  


 浜田彪(はまだ ひょう) 
浜田彪   三菱造船所・第6代所長・常務・会長などを歴任
        
大村や福重の学生に多大な貢献(育英資金)
        長崎県立図書館建設時の史料収集の資金援助などに尽力

浜田氏の略歴

1870(明治3)年11月19日、福重村野田郷(町)で一瀬信造の次男(一瀬彪)として誕生。1938(昭和13)年11月7日に死去、享年69歳。
旧制の大村中学校(現・大村高等学校)、蔵前工業高等学校(後の東京工業大学)卒業。
1891(明治24)年3月に三菱造船所に入社。優秀な技術士となり、その後、取締役・造船所所長、常務取締役、会長などを歴任。

1929(昭和4年)に福重村へ1万円を寄付。(当時、福重村では家の建設費用が建坪約40で300円から400円で出来たので、いかに大きな金額だったか分かる)
その後も『野田農事改良実行組合』設立援助のため750円を寄付。野田郷青年団へ100円を寄付し、その金で野田楽隊の楽器が購入された。

東京でも大村出身学生の育英資金、長崎県立図書館の蔵書資金の寄付、後で大村市長になった松本寅一氏のアメリカ留学中の生活や国際会館建設資金の援助もされた。

精緻な思考と強い信念の人ながら、後進には温かい高潔な人格者であったと言う。

出身地(福重)や学生時代までについて


 (この原稿は準備中。しばらく、お待ちください)


三菱造船所時代などについて


 (この原稿は準備中。しばらく、お待ちください)


大村や福重の学生に多大な貢献(育英資金)、長崎県立図書館の史料(蔵書)などに尽力


 (この原稿は準備中。しばらく、お待ちください)


・参考資料:「参考書籍・資料一覧表ページ」 、 「新編 大村市史」

・関係ページ:大村市立史料館・企画展 大村人グレート  

(掲載日:2018年11月19日、第二次掲載日:11月 日、第三次掲載日:11月 日、第四次掲載日:11月 日、第五次掲載日: 月 日、第六次掲載日: 月 日)


参考文献・書籍類一覧表 「大村の歴史」もくじ


最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク