最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク

紹介シリーズ
大村の経筒紹介シリーズ
 御手水の滝の経筒

御手水の滝の経筒
筒本体:高さ29.5cm 直径33.5cm
蓋の直径:30cm 厚さ(高さ)5cm
 御手水の滝の経筒発見記念碑
 
記念碑本体の大きさ
高さ約55cm、横幅約40cm、胴囲約107cm
御手水滝の経筒(おちょうずのたき の きょうづつ)

概要紹介

 先に御手水の滝(おちょうずのたき)
<滝が裏側から見れることにより別名「裏見の滝」とも呼ばれている>の簡単な紹介です。この滝の落差は、約30mで、滝のある場所は大村市重井田町(しげいだまち)です。

 ただし、この経筒のあった場所は、直ぐ近くながら隣町なる立福寺町(りふくじまち)で発見されました。この場所には、御手水の滝の経筒発見記念碑があります。この経筒発見記念碑の場所が正しいとするならば、それは滝に向かって左側(北西側)方向へ山道(見学路、参道)を数十メートル登った地点です。

 (右横の写真参照) 次に順序後先になりましたが、御手水の滝の経筒の名称について書きます。他の『大村の経筒』(現存6個)の内5個までは、全て地名=(現在の)町名や元の島の名前が付いています。しかし、この御手水の滝の経筒だけは、滝の名称から付けています。推測ながら、この経筒は、滝(修験場)との関係が深いことや、長年の様々な経過があるので、この名称がよりふさわしいと思い使用しています

 なお、経塚や、その筒の中に入っていた経典(経文)などについては、記録類がないため分かっていません。ただし、経筒発見記念碑の現代語訳で、「 (前略) この現場を試しに一尺五寸(約45 cm)掘ったところ、石の蓋
(ふた)が出てきた。  (後略) 」とあります。

 これを解釈しますと、他の経筒よりは、浅い所に埋められていたようです。それは、この周囲が岩盤みたいな場所ばかりだったことも、その要因と思われます。

 大きさは、筒本体は高さ29.5cmで直径33.5cmです。蓋の直径は30cmで厚さ(高さ)5cmあります。

 なお、この御手水の滝の経筒は、現在、大村市立史料館に所蔵されています。ここに至るまでは、少し複雑な経過がありました。

・建立年代について


 (中間及び後半原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)
 



 (初回掲載日:2019年4月16日、第二次掲載日:  月  日、第三次掲載日: 月  日)
 

目次ページに戻る