最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村の歳時記シリーズ 門松(かどまつ)
(写真1) 門松(かどまつ)の一例 (大村市今富町の大神宮にて。 2018年1月3日撮影)
門松(今富町の大神宮

門松(かどまつ)
 まず、門松松竹梅の言葉の意味からです。広辞苑によれば、「門松(かどまつ)=新年に、歳神(としがみ)を迎える依代(よりしろ)として家々の門口に立てて飾る松。松飾り。飾り松。立て松」 、 「松竹梅(しょうちくばい)=松と竹と梅、三つとも寒に堪えるので中国では歳寒の三友と呼んで画の題材とされた。日本では、めでたいもととして慶事に用いる」と解説してあります。

 つまり、新しい年になり、その豊穣(ほうじょう)を司る歳神様(としがみさま)を気持ち良く、直ぐに家に入って頂くために目印的な意味も込め、各家の玄関先に門松は飾られていると思われます。さらに、なぜ新年、正月がきたら祝うのかについては、既に「大村歳時記シリーズ(目次)」の初詣で』ページに掲載していますので参照願います。

門松の飾り内容と大きさなど
 大村市内でも全国でも、所が違えば幾分かは、門松の内容も違ってきます。全国の状況は不明ながら、(写真1)や(写真2)でもお分かりの通り、一般的には、南天葉ボタンしめ縄飾り杉の葉竹製袴(はかま)などが、多いのではないでしょうか。ただし、各家庭や業者によって、その内容が違っているのは、当然あります。

 また、 (写真1)や(写真2)でもお分かりの通り、一見しますと、どうしても竹が目立っています。しかし、門松の言葉や広辞苑の解説通り、主役はです。ただし、先の写真に飾られているのは、全て目出度く、縁起も見た目も良いものばかりです。あと、大きさや高さは、それこそ各家で様々でしょう。

  
大村市今富町の大神宮門松は、目測で150cmくらいあるようです。これは、神社用ですから、やや大きい方かもしれません。各家には、これより小さいものは数多く、逆に大きいのも例えば大村市役所の玄関先や会社などでも幾らでもあるでしょう。

 ご参考までに、長崎県島原市の島原半島観光連盟サイトの「橘神社大門松」ページには、鳥居より高い門松が写真付きで紹介されています。そして、その大きさは、、(ギネスブック認定の)世界一の高さ(14m以上)があり、巨大な門松と言えるでしょう。

----------------------・・・・・---------------------------


  (この項目の後半原稿は、しばらく、お待ちください)

大村での門松について
 

   (この項目の後半原稿は、しばらく、お待ちください)


ドイツ・シュッツガルトの松飾り



   (この項目の後半原稿は、しばらく、お待ちください)


関係ページ:大神宮 、松尾神社 、福重地区成人式、 鬼火焚き

初回掲載日:2014年1月17日、第二次掲載日:2018年 月 日

参考文献、書籍一覧表 歳時記関係用語集 「大村の歴史」もくじ

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク