最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村の史跡説明板・案内板シリーズ 矢上の天満宮(やがみ の てんまんぐう)

(史跡説明板)矢上の天満宮(やがみ の てんまんぐう) <学問の神様>
 名称:矢上の天満宮  様式:説明板
 場所:福重幼稚園から直線で約80m(画像A参照)  設置者:福重町内会、福重地区活性化委員会
 設置年:2020年3月1日(令和2年3月1日)  GPS実測値:32度58分00.12秒 129度56分57.38秒
 全体の大きさ:高さ150cm、横幅70cm   (国土地理院)地図検索用ページ
 本体の大きさ:高さ60cm、横幅70cm  グーグルアース用数値:32°58'00.12"N,129°56'57.38"E
(写真1) 中央部の白板が矢上の天満宮史跡説明板、その奥が天満宮

史跡説明板写真周辺の説明
 まず、矢上の天満宮と、その史跡説明板についてです。上段の(写真1)の中央部に写っていますのが、矢上の天満宮(学問の神様)です。また、その手前側にある白板が、矢上の天満宮の史跡説明板です。説明板の直ぐ右下側には、江戸時代後期「文政5年」(1822)に奉納された手水鉢(ちょうずばち)も見えています。

(写真2) 中央部やや上側が天満宮(福重幼稚園近くから撮影)
(写真3) 天満宮近くから福重小学校の校舎や体育館を撮影
(画像A) 水色蛍光線の上部に十二社権現の文字がある

 上記の場所へ行く道路をご参考までに、ご案内します。このページ右側の (画像A、グーグルアースよりCG加工)を参照願います。矢上の天満宮と、その史跡説明板の場所は、(画像A)の中央部左端側に「天満宮」の文字と矢印が目印です。ここへ行くには、主に2か所から可能です。

 一つ目に(画像A)の「福重小学校の本館校舎」「プール」や「福重幼稚園」の所から、「」、「」、「ため池」のネット横を西側へ進みますと行けます。距離について、福重幼稚園から直線ならば約80メートルの位置となります。あと、「」上部の市道横の石垣と、「ため池」の金網には、案内誘導板も設置しています。

 二つ目が、(画像A)の上部左側の「石走川」、「」、「」を参照願います。この石走川の上側横を通る市道から、を渡りますと、その近くに案内誘導板があります。そこから進み、先と同じ「ため池」の金網横を同じように通ると行けます。


 <後半原稿について>-----(この原稿は準備中。しばらく、お待ちください)




史跡説明板の内容


 (この原稿は準備中。しばらく、お待ちください)





補足


 (この原稿は準備中。しばらく、お待ちください)



・関係ページ:
(初回掲載日:2020年5月22日、第2次掲載日: 月 日、第3次掲載日: 月 日、第4次掲載日: 月 日、第6次掲載日: 月 日) 


大村の史跡説明板・案内板シリーズ(もくじ)
「大村の歴史」シリーズ(もくじ)

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク