最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク

福重の名所旧跡や地形

寿古の狼煙場跡(寿古町)
寿古の狼煙場(すこののろしばあと) 場所:長崎県大村市 寿古町(郡川河口近くの右岸)

  この寿古の狼煙場跡(すこののろしばあと)場所について、大村郷村記、「福重の史跡」(福重小学校所蔵の史跡アルバム)と、寿古町の伝承を参考にしました。先の大村郷村記の項目名は狼煙場之事とあり、「福重の史跡」では(写真)名称として、狼煙場跡となっています。

・左側の写真説明:中央の木立周辺が狼煙場跡。右端側は郡川河口近くの右岸。左奥側の山は郡岳(こおりだけ、826m)、右奥側の三角に尖った形状の山は経ヶ岳(きょうがだけ、1076m)。

 <注:「のろし(狼煙、烽火)とは、合図や警報のために、薪(たきぎ)・火薬などを用いて高くあげる煙。とぶひ。ろうえん」のこと。国語辞典の大辞泉より>


概要紹介
 
江戸時代に編さんされた郷村記(大村郷村記)によれば、郡川河口近くの右岸側、「下河原(しもがわら)」に狼煙場(のろしば)があったこと、築かれた年代、実際に活用された例なども記述されています。<大村郷村記内容の詳細は後の項目を参照>

郡川河口近くの右岸側に(寿古の)狼煙場があった(写真中央部やや右側、一部の高い木がある周辺) <撮影場所:弥勒寺町、撮影日:2006年10月24日>

  大村郷村記を参照しますと、その築かれた年代は、文化6(1809)年4月26日、長崎で異変が起こった場合に合図を送るために造られたものです。(玖島城の)城内で鐘(かね)を鳴らし、それを受けて円融寺、長安寺でも鳴らし、船役所から臼嶋(うすしま)へ行き、狼煙(のろし)を燃やし、村中(むらじゅう)へ知らせていました。

 そして、この(寿古の)狼煙場でも燃やし、そこから妙宣寺脇の「畠原(?)」で受けて、そこから各村へ伝えていたように記述してあります。

 また、一説によりますと、長崎県内の狼煙場は、古代からあった場合もあります。<例えば地元の伝承ながら、大村市内、「鉢巻山(はちまきやま、335m)頂上にあった狼煙場跡」などが、昔残っていたと言います> 

 しかし、別の説では、「狼煙場は古代からあったが、江戸時代に発生したフェートン号事件<文化5 (1808) 年8月 15日イギリス軍艦『フェートン』号が突如長崎港に侵入した事件。(国語辞典の大辞泉より)>を契機に、県内各地で整備がなされた」とも言われています。<この件、長与町ホームページ「琴ノ尾岳烽火台跡(ことのおだけ、ほうかだいあと)」などを参照>)

  (寿古の)狼煙場が何故、郡川河口(寿古海岸)近くに設置されたかという理由についてです。その記述がないので上野個人の推測ながら、この場所は、丘陵地帯からならば当然のごとく、また平野部からも良く見えていたためと推測されます。(ご参考までに、各種の建物が多くなった現在でも、この郡川河口近く=寿古海岸線近くは、丘陵地帯からは良く見えています。<右上側写真を参照。郡川に架かる郡大橋の右岸側の袂(たもと)上部に一部の高い木がある周辺が、(寿古の)狼煙場跡

大村郷村記の記述について
 
(寿古の)狼煙場跡の件は、復刻版(活字版)大村郷村記・第二巻・福重村123〜124ページに、「狼煙場之事(のろしばのこと)との名称項目で記述されています。原文は、縦書きの旧漢字体などです。念のため、できるだけ原文は生かしたいのですが、ホームページ表記できない文字もあるため、それらと同じような漢字に上野の方で変換しています。また、不明文字は、「?」にもなっています。

北東(郡大橋)側から撮影した寿古の狼煙場跡周辺
寿古の狼煙場跡周辺の木立の中(ただし、狼煙場の石垣とは無関係と思われる)

 なお、見やすくするため太文字に変え、さらに改行したり、文章の区切りと思えるところに空白(スペース)も入れています。ですから、あくまでも下記は、ご参考程度にご覧願います。引用をされる場合は、原本から必ずお願いします。「 」内の太文字が、大村郷村記からの引用です。

 「 狼煙場之事
一 郡村狼煙場下河原にあり、文化六己巳年四月廿六日、 新に長崎異変の節の相圖を極む、先白帆注進有之節ハ、 城内に貳ッ續の鐘を撞立、圓融寺・長安寺にて請之、 緒士中へ相圖相立、諸村ヘハ郡代郡屋より飛脚を以觸出すなり、

彌異船打拂に相決し警固の趣申來る節ハ、城内鐘・太鼓打交、圓融寺・長安寺鐘に角板打交、船役所より定役の者臼嶋に至り、兼て用意の?火焼立、則彼の火を此處に請、狼煙を擧て變を村中にしらするなり、此火妙宣寺脇畠原へ請取、夫より段々諸村へ通するなり  」


・現代語訳
 上記の大村郷村記を現代語訳しますと、下記 < >内の青文字通りと思われます。ただし、上野の素人訳ですので、あくまでも、ご参考程度に、ご覧願えないでしょうか。見やすいように太文字や改行など変えています。( )内は、私が付けた補足や注釈です。また、大村郷村記は、今回の記述だけではありませんが、真偽の問題さらには方角や距離違いなどが常にあり、注意が必要と思われます。

 < 狼煙場のこと
一つ 郡村(こおりむら)狼煙場は、下河原(しもがわら)にある。文化6(1809)年4月26日、新たに長崎で異変のおり(異変が起こった時期)に合図をきめた。先年(発生した) 白帆注進(フェートン号事件のことと推測)のあった時に、(玖島)城内に二つ続きの鐘(かね)をつき、(その音を) 圓融寺と長安寺で受けた。(そして)関係者へ合図を送った。

各村へは郡代(代官)が群役所より飛脚(手紙や書類などを配達する者)を出して、ふれまわった。緊急の外国船事件に相対して警護の趣旨が来た場合は、城内の鐘(を鳴らし)・太鼓を打ち、圓融寺・長安寺の鐘に角板で叩き、船役所から(事前に)決めていた者が臼嶋(うすしま)へ渡り、かねてから準備していた(狼煙用の)木を燃やし、直ぐに、この場所(寿古の狼煙場)で受けて狼煙を上げて村中に知らせた。この火は、妙宣寺脇の「畠原」で受けて、そこから各村(各郷)へ連絡した。  


大村藩領絵図について
 
下記画像は、大村藩領絵図<九葉実録・別冊(大村史談会1997年3月発行 、附図・写真版(写真撮影者:神近義光氏)>の郡川河口近くを中心にトリミングしたものです。この絵図完成年は、従来説では「1800年頃の大村領を描いたもの」と言われてきました。しかし、私は10年程前から、松原八幡神社が現在地で描かれていないことなどから、「もっと早期、例えば1700年〜1750年頃に完成したのでは」との説を多くの方へ知らせていました。

郡川河口近くの大村藩領絵図。ただし寿古の)狼煙場は描いてない。(左側と手前側の紺色は大村湾、中央部、紺色のほぼ直角な太い幅が郡川。この郡川河口から右岸上流部へ約280m地点に後世、狼煙場が築かれた)

 あと、私は市内の史跡を調べる時に、大村藩領絵図に注目しています。なぜなら、大村藩領絵図 は、今ならば技術者(専門職人)が作成したからです。そのため、技術者らしく、できるだけ地図は正確に、役所や史跡関係表示位置も、その地元で調べながら素直に描いているからです。それに比べ、大村郷村記は、創作(偽装)の歴史記述が多いのは、ご存じの通りです。

・絵図にない寿古の狼煙場

 右側の大村藩領絵図に、今回紹介の寿古の狼煙場は、描かれてないようです。この絵図には、城、村名、庄屋、寺社、川、その他にも大村藩と関係ある重要場所や諸施設などは、多くの場合、描いてあります。例えば、右側絵図でも、ご覧になれば分かりますが、既に廃城になっていた「好武城(よしたけじょう)」も、中央部やや左側に、その標記文字が見えています。

 狼煙場は、現代風に言えば「緊急時連絡発信所」みたいなもので、しかも、諫早市の「琴尾岳烽火台跡」ページ掲載写真を参照しますと、やや大きな石垣などがあったことが分かります。なぜ、そのような大事で、やや大きな緊急時施設が、先の大村郷村記に記述してあって、この大村藩領絵図には描いてないのでしょうか?

 その答えは、上野の推測ながら、フェートン号事件<文化5 (1808) 年8月 15日)>の前に、大村藩領絵図は、完成していたためと思っています。つまり、この事件の後、県内各所の狼煙場が新設、整備されたので、それよりも先に完成していた大村藩領絵図には、載っていないということです。

補足


(この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)



(初回掲載日:2017年4月4日、第二次掲載日:4月10日、第三次掲載日:4月13日、第四次掲載日:4月21日、第五次掲載日:4月22日、第六次掲載日:4月23日、第七次掲載日: 月 日、第八次掲載日: 月 日)

  

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク