最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク


大村の歴史
参考文献、書籍一覧表
 大村の歴史を記述した書籍は、数多くざっと見るだけでも大変な量です。残念ながら2000年以降出版された本は別としても、それ以前は絶版になっているものがほとんどです。私が参考して書いた本は、できるだけ下表にまとめてみました。私の手元にあるものもあれば、大村市立図書館で閲覧したものもあります。

 時代の変遷や情報の過不足により、同じ歴史事項でも記述が違うのもありましたが、それらについては、より正しいと思われる内容を参考にしました。また、偽装の大村の歴史を詳細に書かれている本もけっこうありました。なお、まだまだ、この一覧表に書かれていない項目もありますのでその都度補足していきたいと思っています。(念のため、書籍の順番は時系列ではなく順不同です)

 補足として、古写真や現代の写真なども提供を受けて掲載していますが、分かっている範囲内で出所なども記述しています。ただ、中には出所が今となっては明らかでないものもあります。また、文章内容や様々な理由から、写真のいくつかはそこだけ重点的にトリミングや分かりやすくしたものもあります。以上の点、ご了承の上、ご覧下さい。

参考文献、書籍一覧表大村の歴史を調べた書籍一覧表)
書籍発行年 著者名・編者名 本・書籍名 主な内容(・見出しなど)
江戸時代 大村藩 郷村記(1681〜1862年編纂) 大村領の地理、産業、由緒など多分野を記述
1982〜1987年 藤野保編 大村郷村記(覆刻) 大村領の地理、産業、由緒など多分野を記述
1963年11月 太田亮 氏 姓氏家系大辞典 第1巻 全国の姓名や家系を詳細に調べ約6700ページ
にも及ぶ名著。「大村氏の系図」は、
偽装と断定。
1963年11月 太田亮 氏 姓氏家系大辞典 第2巻
1963年11月 太田亮 氏 姓氏家系大辞典 第3巻
1968年11月
から毎年発行
2013年03月
大村史談会 大村史談 第 1号から
大村史談 第64号まで
毎年度発行されている大村関係の歴史専門書
1971年 鈴木忠司 氏 野岳遺跡の細石核と西南日本に
おける細石刃文化 「古代文化」23-8
野岳遺跡の細石器など
1973年11月 大村史談会・編者 大村史話 上巻 主に中世が中心(分担執筆の項目別専門書)
1974年05月 大村史談会・編者 大村史話 中巻 主に江戸時代(同上)
1974年12月 大村史談会・編者 大村史話 下巻 主に明治以降(同上)
1979年 3月 長崎県教育委員会 長崎県埋蔵文化財調査集報U 大堂遺跡、憩場遺跡
1980年 3月 長崎県教育委員会 長崎県埋蔵文化財調査集報V 鬼の穴古墳、野田古墳
1981年05月 外山幹夫 氏 大村純忠 付録で詳細に大村氏系図や「純伊」説を否定
1982年09月 大村史談会青年部 おおむら史記 入門書ながら大村歴史全般にわたる記述
1983年03月 大村市教育委員会 大村の沖田踊 踊の起源、「大村純伊」との関係に疑問の記述
1984年03月 大村市教育委員会 大村の寿古踊 踊の起源、「大村純伊」との関係に疑問の記述
1986年03月 大村市教育委員会 黒丸踊 踊の起源、「大村純伊」との関係に疑問の記述
1986年04月 外山幹夫 氏 中世九州社会史の研究 大村氏の出自と発展などを詳細に記述
1990年03月 大村市教育委員会 大村市の文化財(初版) -
2004年03月 大村市教育委員会 大村市の文化財(改訂版) -
1997年06月 日比野光敏 氏 すしの貌 全国のすしについて(大村寿司や歴史も含めて)
1999年10月 日比野光敏 氏 すしの歴史を訪ねる 同上
2001年05月 日比野光敏 氏 すしの事典 同上
1992年5月 石坂昌三 氏 長崎から江戸へ 象の旅 将軍吉宗に献上された象の旅
2003年10月 若桑みどり 氏 クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国

(掲載日:2006年9月8日、改定:2013年7月7日)
関連ページ
大村の歴史個別ページ目次ページに戻る

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク