最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村の歳時記シリーズ 鯉のぼり
鯉のぼり (大村市三浦出張所前広場の上、2020年4月10日撮影)
鯉のぼり (野岳新茶祭り会場、2013年5月3日撮影)
武者絵のぼり、鯉のぼり(2017年5月21日、虹の原養護学校から撮影)

鯉のぼり(鯉幟、こいのぼり)

はじめに
 今回の「鯉のぼり(鯉幟、こいのぼり)」について、極簡単ながらも既に大村歳時記シリーズ(もくじ)端午の節句、ちまき」ページにも掲載していますので、ご参照願います。ただ、今回先のページとは分けて紹介する必要性もあったので、当然「端午の節句」についても触れますが、主には「鯉のぼり(鯉幟、こいのぼり)」を中心に、これから書ていきたいと思います。

 それは、何故(なぜ)かといいますと、鯉のぼりは毎年4月や5月頃に私自身が見慣れ過ぎていることもあります。さらには、何事も深く考えずに毎日過ごしている性格上もありますが、この鯉のぼりについても、分かっているようで全く分かっていない事柄もあったからです。それらを少しでも反省しつつ、まず、下記<>内に事典を引用して書きます。

 ただし、念のため全国でも大村市内でも、歳時記内容(祝い方など)上の、鯉のぼりそれ自体は、そう変わらないものですから、「何か大きな地域オリジナル性があるのか」と問われれば、「それは見当たらない」と思います。

鯉のぼりとは
 <ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より
鯉幟(こいのぼり)
 5月5日の端午の節供に,男子の出世と息災を祈って戸外に立てる幟。江戸時代中期以降,武士がこの日を尚武の日として,旗指物などの武家飾りを門口に立てたのに対し,町人が滝をも登るとされる出世魚のコイを幟として立てて対抗したことに始る。

 初めは紙製で,長さも 40〜50cmほどのものであったが,明治以後は大型となって 10m以上のものがつくられるようになった。上から吹流し,真ゴイ,緋ゴイの順に流すのが定法である。>


 (後半原稿は、準備中。しばらくお待ちください。)



補足


(この原稿は準備中。しばらく、お待ちください)



初回掲載日:2020年5月4日、第二次掲載日:5月 日、第三次掲載日: 月日

参考文献、書籍一覧表 歳時記関係用語集 「大村の歴史」もくじ


最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク