最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村の歳時記シリーズ (稲作の)農薬散布

(稲作の)農薬散布(いなさく の のうやく さんぷ)

 まず、このページ掲載の農薬散布について、次の<>内=大辞林の解説から参照願います。<農薬=農業で使う薬剤。殺虫・殺菌・除草剤および作物の生長を調節する薬剤など。>、<散布=ふりかけること。まきちらすこと。> 念のために、農薬について、一般には様々な意見もあります。しかし、ここのテーマは、既に掲載中の最下記の「コメ関係ページ」と同じような稲作における一連作業の一つの紹介ですので、その点は、ご了承願います。

写真1  稲へ農薬散布中のヘリコプター(右端側で操縦中)
(2018年7月27日撮影、野田町)

 稲作をする場合、たいていの農家では、その栽培期間中に稲への病害虫防除のため、農薬が数回散布されます。その散布の方法(機械)、回数、農薬の種類、時期などは、地域や農家によっても異なります。

 例えば、散布の方法では、手動式の噴霧器(ふんむき)は、たいていの場合一人作業、(エンジン付き)動噴機(どうふんき)は1名から数名の作業もあります。また、現在主流ともいえるのが、無線誘導式の無人産業用ヘリコプターによる農薬散布です。さらに、近年では、ドローン(無人航空機)式の散布も増えつつあります。

 これらは、農家の現状(農業従事者の不足、高齢化、後継者難など)からして、農薬散布の省力化(軽作業化)、時間短縮、体の保全などのためにも有効と思われます。

 先のヘリコプターを操縦できるのには、(YAMAHAのサイトを参照すると)農林水産航空協会の講習を受講し、そして同協会の発行する「産業用無人ヘリコプター技能認定証」の交付を受けて初めて、資格を得ることになります。そして、この資格者へ、各農家は有料依頼して散布作業をしてもらう方法となります。


 (これからの原稿は、準備中ですので、しばらく、お待ちください)



補足


(この原稿は準備中。しばらく、お待ちください)

コメ関係ページ:田起こし(たおこし) 、 代明け(しろあけ)代掻(しろかき)  、 田植え(たうえ) 、農薬散布(のうやくさんぷ) 、  稲刈り(いねかり)  、 脱穀(だっこく)  、 籾すり(もみすり)  、 精米(せいまい) 

初回掲載日:2018年9月24日、第二次掲載日: 月 日、第三次掲載日: 月 日
 
参考文献、書籍一覧表 歳時記関係用語集 「大村の歴史」もくじ


最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク