最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク

福重の名所旧跡や地形

矢上の天満宮(福重町)
矢上の天満宮(やがみ の てんまんぐう) 場所:長崎県大村市 福重町(個人所有地内)
 この『矢上の天満宮(やがみ の てんまんぐう』の所在地は、大村市福重町(旧・矢上郷)の字(あざ)「一楽(いちらく)(個人所有地)にあります。大村市立福重小学校のプールから北北西方向の位置です。

 江戸時代の(大村)郷村記によれば建立(創建)は、延享(えんきょう)元年( 1744 )7月23日と記述されています。この天満宮は、「受験シーズンなどに福重地区内外から参詣がある」と聞いています。

(左写真は、矢上の天満宮)



大村郷村記の記述内容について


 (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)



現代語訳


 (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)


現在の状況


  (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)



(初回掲載日:2019年10月3日、第二次掲載日: 月 日)


最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク