最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク


大村の歴史
(大村市の)町名町界の変更
 
 
(図1) (1986年6月1日) 大村市「市政だり」より

(大村市の)町名町界の変更

 注:
詳細な意味や内容は省略して極簡単に言えば、町名とは町の名前(名称)のことで、町界とは町の境界のことである。(前同)町名町界の変更とは、それまであった町(郷や字)同士の境界を明確にして、同時に旧町(字や郷)の名称も変更・整理すると言うことである。
 注:下記内容の引用・参照先は、「大村市、市政だより」(現在名称で「大村市広報誌」)からである。ただし、下記リンク先以外にも数十ページがあるが、同種同内容なので省略している。

概要紹介
 この(大村市の)町名町界の変更、整理などは、1974(昭和49)年から1993(平成5)年までおこなわれました。なぜ、この変更がおこなわれたかの理由は、概要次の「」内通りです。
<下記「」内は、1986(昭和61)年6月1日 №1056 「市政だより おおむら」から引用>

 「本市には、町の名称が公称の字名
(あざめい)と通称の町名があり、範囲も広く、町界もほとんど不明確なため、皆さんの日常生活や、市などが行政事務を進めるのに、大変不便なのが実態です。そこで、町名を一本化し、同時に町の区域を実情に合わせるため、今回、町名町界整理を進めるいます(上野注:以下省略)

 なお、大村市は、南から三浦・鈴田・大村・西大村・萱瀬・竹松・福重・松原と8地区あります。この町名町界の変更は、地区別では1回で発表された地域もありますが、中には数次とか4次にわたって行われた場合もあります。

 この時、町名の読み方は「」を「まち」と読むことに統一しました。ご参考までに、一例として皆同町は「かいどうまち」と呼称することになりました。また、例えば、旧称(松原)一の郷は「松原一丁目」へ、旧称(松原)二の郷は「松原二丁目」へと変更されたのも、この当時からです。

大村市における町名について
 まず、下図<1942年2月11日、大村市政発足前(1町5村の合併前)の状況図と人口など>を参照願います。この図は、「1町5村の合併前の状況」だけではなく、現在でも「大村8地区
(三浦・鈴田・大村・西大村・萱瀬・竹松・福重・松原地区=合計8地区)と呼ばれている状況も良く分かるものです。なお、下図は、「大村市史 下巻」<1961(昭和36)年2月11日発行、大村市役所>の66ページの図を複写して、海(大村湾)の部分は上野が分かりやすくするために彩色したものです。引用参照される場合は、必ず原本からお願いします。

(図2) 1942年2月11日、大村市政発足前(1町5村の合併前)の状況図と人口など
・市内の大きな行政単位(町・村)でも大変長くて様々な歴史がある
 大村市内において、今では地名とか町名とか一口で言いますが、実は現在に至るまでには実に長くて、様々な歴史があります。大きい事柄だけでも先に書いていきます。
(図3) 大村藩領絵図、「皆同村」は中央上部、「福重村」は左側。(右下(側の紺色は郡川、斜め黒色線は長崎街道、上部の薄い紺色線は石走川)  注意:上図では切れているが右側に「今富村」もある。

 大村市政は、1942(昭和17)年2月11日の発足です。その合併前は、南から三浦村、鈴田村、大村町、萱瀬村、福重村、松原村と、1町5村がありました。さらに、その大村町自体も合併前は、大きくは旧・大村町、西大村、竹松村と分かれていました。

 つまり、現在も「大村8地区」とか呼称されている通り、昔から大別して合計で8つの「町や村」があったと言うことです。ただし、これは、あくまで市政発足前までの大きな行政単位(大別)であって、実際はもっと細かくて複雑な歴史がありました。

 例えば、福重村だけでも、江戸時代の行政改革前は
3村(今富村・皆同村・福重村)がありました。<この件の詳細は「福重・今富・皆同三ヶ村」ページを参照> このようなことを「大村8地区」全部を詳しく書きますと、それだけでも独立した特集ページが必要となってきますので、ここでは全て省略します。

・大字
(おおあざ)、小字(こあざ)について
 まず、今回の「大字
(おおあざ)」「小字(こあざ)」は、地名と言っても現在の大村市内において、不動産(土地取引)、農業や住宅関係などを除き、一般的にはあまり使用されていません。そのため、今では馴染みのない地名や用語でもありますので、次から国語辞典の解説を書いていきます。

 (あざ)について、広辞苑には「町村内の区画の名。大字と小字があり、普通は後者を単に字という」と解説されています。また、大辞林によると、大字(おおあざ)について「町や村の中の一区画で、比較的広く、いくつかの小字(こあざ)を含むものの名。昔、町・村であったものが、明治初年の市町村制施行の際に市町村の一区画とされたもの」とあり、同様に小字(こあざ)については「町や村の中の一区画の名。単に字(あざ)ともいう」と解説されています。 

 <下図=(図4)を参照> 福重地区(10町)の場合、1986年6月23日から町名町界変更が実施されています。それ以降、例えば町名は「重井田町」とか「寿古町」になっています。 しかし、町名変更前までは「重井田郷」とか「寿古郷」と言うように「郷」と呼んでいました。さらに、その「郷」(町)の中には、例えば「皆同郷(皆同町)」では『高縄手』、『城ノ前』など8つの字(あざ)があります。

 その他、下図=(図4)の福重地区10郷(10町)を見ただけでも、覚えきれないくらい字(あざ)の数があります。ところが、この字の方が、町名町界変更になるまでは、大村市などの公称として通用していました。また、分かりやすい例として、郵便の宛先(住所)も、昔は例えば「大村市・・・郷(字)・・ ・・番地」みたい書いてありました。
 (図4)  大村市・福重地区10町(郷)の字(あざ) <注:上図は「福重のあゆみ」掲載の図に彩色したもの>

・長い歴史のある字

  (この原稿は、準備中。 しばらく、お待ちください)



大村市における町界について


 (この原稿は、準備中。 しばらく、お待ちください)


町名町界変更、整理の主な経過など


 (この原稿は、準備中。 しばらく、お待ちください)



補足


 (この原稿は、準備中。 しばらく、お待ちください)




・関係ページ

 


(掲
載日:初回:2018年6月10日、第2次掲載日:6月12日、第3次掲載日:6月15日、第4次掲載日:6月 日、第5次掲載日: 月 日、第6次掲載日: 月 日)

歴史関連ページ
大村の歴史個別ページ目次ページに戻る