最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
福重小の紹介

大村市立福重小学校の歴史

1872(明治5)年8月創立の福重小学校、当時の装置地場所に建てられている記念碑(大村市寿古町の株田)
福重小学校の歴史
福重小学校の年表ここからご覧下さい)

福重小学校、1872(明治5)年8月創立(大村市内で最初の公立の小学校)
 福重小学校は、1872(明治5)年8月開校で、(その当時は「福重村」でしたが、大村市内では公立の小学校としては最初の小学校で、一番長い歴史があります。また、長崎県内でも初期の小学校と思われます。場所は、寿古郷の株田でした。(現在、記念碑が建っています)

最初は松原と一緒、その後分離
 開校当初は、福重、松原共同の学校でしたが、1873(明治6)年松原村独立に伴い分離され、松原小学校(現在地)に開校されました。

立福寺分教場(分校)について

 1879(明治12年8月より、当時の福重村、立福寺郷(現在の大村市 立福寺町)に立福寺分教場(分校)が置かれました。ただし、当該場所にある記念碑(下記の写真参照)には、「明治十二年八月より しばらくで廃止する」となっていますので、長期間ではなかったと思われます。

口頭試問を経て卒業
 小学校は、下等(4年間)、上等(4年間)とも、年度ごとに口頭試問が行われ、合格したらそのたびに卒業証書(例:下等小学六級卒業など)が授与されていました。その等級は、半年間で一つひとつ上級し、その時期は毎年、5月と11月でした。卒業証書の一連番号により、1873(明治6)年から30年間で314人(1年間で10人位)が、卒業しています。

郡高等小学校について
 福重、竹松、松原、萱瀬の4村共同で1898(明治31)年に竹松村内に郡高等小学校が開校されました。1912(明治45)年、各小学校に高等科が開設されたため、この郡高等小学校は解体されました。

明治時代の教科書について
 1877(明治10)年頃の教科書はフランス語直訳で、難しい内容でした。しかも、国語一冊で理科、算数、地理なども教えていました。もちろん、石板や帳面などもない時代で、寺子屋風の教え方と思われます。

通知表と心得について
 生徒心得の中には、こと細かく書かれてあり、中には方言そのままに書かれている項目ありました。「帯は結べ」など、当時の服装からの注意事項が書かれ、時代の反映と言えます。通知表には、懲戒(怒られた)回数の欄もありました。
立福寺分教場跡の記念碑
重井田分教場跡の記念碑

重井田分教場について
 重井田郷から通学するのは道路事情から、当時なかなか困難でした。道路が整備されるまでと言う限定で、重井田郷(現在:重井田町の『月光の里』近く)に分教場が1928(昭和4)年から1937(昭和12)年の間、おかれました。先生は一人で、荒瀬郷からの出勤でした。(現在、この重井田分教場跡地には記念碑が建っています)

福重飛行場開設に伴なう移転
 1945(昭和20)年春に福重飛行場ができたため、学校(敷地)が矢上郷(現在地、福重町)移転させられたが校舎はなかった。1945(昭和20)年11月6日に、二階建本館校舎を移転(皆同郷から矢上郷へ)した。

学制改革で現在の小学校へ
1947(昭和22)年4月1日、国の学制改革により、大村市立福重小学校となりました。

大村市立福重幼稚園併設、学校給食もスタート
1956(昭和31)年4月には、小学校校舎横に、大村市立福重幼稚園が開設されました。同時期にから、学校給食もスタートしました。

校舎改築、校歌制定、プール建設など
1958(昭和33)年5月には大村市で初めての鉄筋ブロック二階建校舎が建設されました。また、1966(昭和41)年10月3日に制定された福重小学校の校歌が、秋季運動会にて初披露されました。その後、1969(昭和44)年4月には、プールも完成しました。

福重小学校、年表
1872(明治 5)年8月 福重小学校創立。明治5年の学制公布を受け、大村で最初の公立の小学校として開校。福重・松原共同して寿古郷株田の福重村庄屋跡(現前川さん宅)に設立。児童数8名
1873(明治 6)年 2月19日 福重小学校、公式開校。児童数48名(男43、女5)
1873(明治 6)年 松原が分離し、同年10月に松原小学校を開校
1879(明治12)年 立福寺郷に分教場を設けたが、間もなく廃止
1886(明治19)年 4月   福重学区尋常福重小学校と改称。(尋常科4年まで)
1890(明治23)年  福重尋常小学校となる
1891(明治24)年 9月 郡川の洪水で寿古郷にあった小学校、村役場ともに流失
新校舎できるまで、今富郷の民家を改造して仮校舎とした
1893(明治26)年 9月  皆同郷城ノ前(福重住民センターの前)に校舎新築し移転
1898(明治31)年 竹松に郡(こおり)高等小学校を設立。尋常科の上の高等科で、竹松、福重、松原、萱瀬の4村共同
1908(明治41)年 4月 義務教育年限(4年から6年へ)延長。児童数増加のため2学級を郡高等小学校内に置く。
1912(明治45)年 3月

高等科を併設し、福重尋常高等小学校と改称。郡高等小学校を廃止し、同校通学の児童を復帰させたため、校舎狭く全児童の収容ができず、村役場の1室を借りて授業

1912(大正 元)年11月

校舎新築。 校地714坪、建坪237坪、先生7人
尋常科児童 男130人、 女140人、 6学級
高等科  男 24人、 女 11人、 1学級

1915(大正 4)年現在

福重村内に学校卒業生  男268人、 女247人
高等小学校卒卒業生 男142人、 女 30人
中学校卒業生        5人

1929(昭和 4)年 3月 重井田郷に分教場を置き、尋常3年生まで収容
1937(昭和12)年 4月  重井田分教場廃止
1942(昭和16)年 4月  福重国民学校と改称
1942(昭和16)年12月 太平洋戦争始まる
1942(昭和17)年 2月 市制施行により、校名は大村市立福重国民学校となる
1944(昭和19)年 9月  校庭に、二宮金次郎陶像建つ
1944(昭和19)年11月21日

空襲で平屋建校舎1棟破壊される。その後、校地が軍用地(福重飛行場滑走路用地)となり、後で学校敷地を矢上郷(現在地)に移すこととなる。この間、織田部隊の宿舎となる。(昼間=学校、夜間=部隊宿舎)

1945(昭和20)年 4月

矢上郷230番地(現在地 福重町230番地)に学校移転となるが、校舎なく、空襲が激しくなり、部落別に公会堂、神社等に分かれて疎開授業。

1945(昭和20)年 7月 矢上郷の敷地に兵舎を移築しバラック校舎完成、福重小1年児童が米軍機の機銃掃射で死亡(7月5日)
1945(昭和20)年 8月15日 第二次大戦、終戦
1945(昭和20)年 9月 疎開授業をやめ、矢上教室で授業開始
1945(昭和20)年11月6日 二階建本館を移転。(皆同郷から矢上郷へ)
1946(昭和21)年 7月 運動場整地。(青年団奉仕)
1947(昭和22)年 4月1日 学制改革により、大村市立福重小学校となる
1948(昭和23)年 2月 平屋校舎を新築落成(7教室)
1956(昭和31)年 4月 福重幼稚園を併設。学校給食もスタートもスタート
1958(昭和33)年 5月 危険校舎に指定されていた本館に代わり大村市で初めての鉄筋ブロック二階建校舎が完成
1966(昭和41)年10月3日 福重小学校・校歌制定 (秋季運動会にて初披露)
1969(昭和44)年 4月 プール完成
1969(昭和44)年 6月 運動場拡張。(プールを掘った土で学校田を埋め立て)
1973(昭和48)年 福重小学校創立100周年、体育館落成
1995(平成 7)年 全九州小学校バレーボール大会出場
1996(平成 8)年 全九州小学校バレーボール大会出場
1998(平成10)年 全九州小学校バレーボール大会出場、相撲場屋根ふきかえ工事
1999(平成11)年 3月 相撲場屋根ふきかえ工事
2000(平成12)年 体育館照明器具6基増設
2001(平成13)年 学校農園への農道作り
2002(平成14)年 本校舎・南校舎への非常階段取付
2003(平成15)年 2月 創立130周年記念事業
2003(平成15)年 8月 パソコン40台新型入れ替え
2005(平成17)年 5月 相撲場の屋根修理
2005(平成17)年 7月31日

福重小男子バレーボールクラブ、第25回全日本バレーボール大会・全国優勝

2006(平成18)年12月 東側倉庫解体、プレハブ設置
2008(平成20)年 3月 学童「福重クラブ」敷地内に完成
2008(平成20)年12 ビオトープ完成「東校舎うら」
2010(平成22)年10月 太陽光発電パネル完成
2011(平成23)年 8月 体育館耐震化工事、求職庫改修、岩石園縮小
2012(平成24)年 3月 東便所洋式トイレ3基増設、東校舎両面にグリーンカーテン設置
2012(平成24)年 5月 南・北校舎の普通教室に扇風機設置、図書の貸し出し等IT化
2013(平成25)年 3月 図書室に扇風機設置
2013(平成25)年12月 相撲場前外周道路完成、外周フェンス取替
2014(平成26)年 8月 校舎間及び体育館をつなぐバリアフリー工事開始
2015(平成27)年 8月 校舎間及び体育館をつなぐバリアフリー工事完成
2015(平成27)年 月 日 - - - - -

福重小の紹介
最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク