最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
福重の写真集 その568
2022年 鎮西学院大学生(CSL)クジラ関係調査(概要報告)
(写真1) 鎮西学院大学東彼杵町歴史民俗資料館にて記念写真

鎮西学院大学生(CSL)クジラ関係調査(概要報告)
日時:2022年10月28日15時40分~16時15分)
参加:18名
(鎮西学院大学の教授、大学生)
案内と説明:上野
場所:東彼杵町歴史民俗史料館
主な案内場所:上記の2階
 ・深澤儀太夫三代、クジラ取り用の舟の模型、銛(もり)、クジラ取りの絵、クジラの骨などのあるクジラ関係の展示コーナー
 注1:今回このページ掲載写真は、順不同、写真整理番号には何の意味もない。


<用語解説>
・CSL=コミュニティサービスラーニングのこと。詳細は<鎮西学院大学の「地域貢献活動のリアルな体験から学ぶCSL」ページ>を参照。


概要説明
 上野が1階フロアーや2階のクジラ関係展示コーナーの前で、主に説明した内容は、下記点線内の通りであった。なお、趣旨を変えない範囲内で、分かりやすくするために発言内容の補足やリンク先なども加えている。

(写真2) 鎮西学院大学東彼杵町歴史民俗資料館2階にて
(写真3) 東彼杵町、道の駅・彼杵の荘看板(クジラとお茶で有名)
(写真4) 深澤儀太夫勝清
(写真5) 深澤儀太夫勝清が造った野岳ため池=野岳湖
(写真6) クジラ取りの絵図(東彼杵町歴史民俗史料館の展示絵)
(写真7) 勢子舟(東彼杵町歴史民俗史料館の展示)
(写真8) 深澤儀太夫勝清の陣笠(大村市東野岳町、儀太夫会館展示)
(写真9) 深澤儀太夫勝清の陣笠(東野岳町、儀太夫会館の展示)
(写真10) 深澤家由来の書籍箱(東野岳町、儀太夫会館の展示


(この写真は、準備中)


(写真11)



(この写真は、準備中)


(写真12)

----------・・・----------・・・----------
 こんにちは。ここ東彼杵町は、別名「クジラの町」と呼ばれるくらい、現在でもクジラの取り扱いの多い所だ。しかし、皆様の調べたいクジラの流通経済について、私は私なりに本を見て、また、地元・東彼杵町の方に聞いてみた。しかし、江戸時代や近世の書籍類にも、また地元伝承にも、その東彼杵町から先の流通などの詳細内容は、ないとのことだった。ただし、西彼杵半島側の町には、どのような取り扱いや流通などについて、何か残っているとも聞いたが、今回は、その町まで行って調べていない。

クジラは捨てるところが無い
 昔から、「クジラは捨てるところが無い」といわれている。その通り、まず、鯨肉(食用)鯨油(燃料、ろうそくの原料、潤滑油など)工芸品(一例:ブローチ、カウスボタンなど)ヒゲ弦楽器の弓などと、日本人は昔から獲れたクジラを全部使って無駄にしていない。それに比べ西欧は、鯨油をとるのが主目的だった。

クジラは巨万の富をもたらした
 昔から「クジラ一匹(頭)で七浦潤う」との言葉がある。この場合の「浦」=「村(漁村)」でも良いと思う。つまり、クジラ1頭獲れれば、7つの村の人口に匹敵する、たくさんの人達が潤う(儲かる、生活できる)ということだ。江戸時代の村の人口が、いくら位だったか不明ながら、少なくても何千人という人に恩恵があったし、クジラは巨万の富をもたらしたのは、間違いない。

 また、先に「クジラは捨てるところが無い」といった通り、単に直接的なクジラ取りの漁民や販売する仲卸(なかおろし)や小売(こうり)業者だけが儲かるだけではなく、クジラ工芸なども含めて様々な別業者へも潤いをもたらし、裾野(すその)が広かったと思う。

なぜクジラ取り(漁民)が中山間地に沢山のため池を造ったのか?
 私は、当初、なぜクジラ取り(漁民)が、大村市内や東彼杵町内に野岳湖をはじめ沢山のため池を造ったのか、分かっていなかった。ある方から、主な理由は、下記の(1)〜(3)のことだろうと、教えてもらったことがある。

 (1) 深澤儀太夫の三代とも(殿様より大金持ちながら)質素倹約家で、クジラ取りで得た巨万の富は、主に公共事業工事に使ったという。(補足:何の工事でも資金が必要である)

 (2) 大村藩から、ため池の造成の要請(コメが増産できれば藩への税金も増えるから)があったからだ。(地元の農民からの要望もあったとも言う)

 (3) クジラ取りは、命をかけて激しいエネルギーを使う作業だった。そのこともあり、栄養価もあるコメが沢山必要だったという。それでコメが沢山とれるようにと、ため池などを造ったのではないか。

 これら(上記のこと)は、江戸時代、同じく大金持ちだった紀州(和歌山県)のミカンなどで大儲けして有名な紀伊國屋文左衛門(きのくや ぶんざえもん)が、(通説では)散財した話と、全く違うようにも思った。

江戸時代、大村領内で何故、餓死者が出なかったのか?

 江戸時代の大村領内では、餓死者が出なかったという。これは全国で沢山の犠牲があった中で、珍しいとも言われている。この要因は、稲作同時にサツマイモも多く栽培したことが大変大きい。プラスして虫の嫌がる匂いのする鯨油を段々畑(水田)の高い所から流したので、防虫効果もあったからとも聞いたことがあった。 (補足:この鯨油と防虫効果の件は、古記録に書いてないようで真偽は定かではない。ただし、サツマイモ栽培を大村領内で沢山したことは、「2007年度、大村市郷土史講演会「米はなくても芋・いわし! 江戸時代・大村人の食生活」(概要報告)ページを参照)

クジラとペリー提督との関係
 アメリカのペリー提督(注:下記の用語解説を参照)は、なぜ日本に来て、日米修好通商条約(「開国」)を迫ったのか? 実は、クジラとの関係もある。それは、当時、アメリカの漁船は、主に鯨油をとるために太平洋に進出してクジラを追いかけていた。

 その漁船の燃料、船員の食糧、水などの補給のために日本を経由地(港)として求めていた。そのため、ペリー提督は、日本へ通商(「開国」)を迫ってきたのだ。日米修好通称条約は有名だが、その要因として、クジラとの関係があったことは、あまり知られていないと思われる。

補足:日米修好通商条約の締結前も「黒船(軍艦)が来た」と当時の日本では、騒動になった。さらに、この条約締結後しばらくして、近代日本の大激動期=明治維新にもなっていく。影響の大小は別としても、クジラ(捕鯨)が、それらの遠因になっていたのは、ある意味興味深いことと思う>
用語解説
ペリー(Matthew Calbraith Perry)
アメリカの海軍軍人。1853年7月(嘉永6年6月)日本を開港させるため東インド艦隊を率いて浦賀に来航、大統領の親書を幕府に提出。翌年江戸湾に再航、横浜で日米和親条約を結ぶ。後に下田・箱館に回航。帰国後「日本遠征記」3巻を刊行。ペルリ。漢字名、彼理。(1794〜1858)

日米修好通商条約
1858年(安政5)神奈川で、アメリカ駐日総領事ハリスと下田奉行井上清直・目付岩瀬忠震ただなりとの間で締結調印された条約。公使・領事の交換、下田・箱館のほか神奈川・長崎・新潟・兵庫の開港、江戸・大坂の開市、貿易の自由などを決めたが、領事裁判権を定め、また関税自主権がないなど、日本に不利な点が多かった。→安政五カ国条約→条約改正。

九州初のクジラ取りの深澤儀太夫勝清
 この東彼杵町歴史民俗史料館にも肖像画が展示してある深澤儀太夫勝清(ふかざわ ぎだいゆう かつきよ)ついて、述べたい。(下記の用語解説を参照) 深澤勝清は、波佐見町で育ち、30歳の頃に武者修行で紀州(和歌山県)にも行った。その時、鯨(クジラ)取りを見て学んだ。帰郷して大村藩の許可を得て、クジラ取りを始めた。それは、九州初のクジラ取りだった。
擁護解説>(日本人名辞典プラス」より)
 「深澤勝清(ふかざわ かつきよ)1584-1663 江戸時代前期の捕鯨業者。天正
(てんしょう)12年生まれ。紀伊(きい)の太地(たいじ)で銛(もり)をつかう捕鯨法をまなび,肥前大村藩領松島(長崎県)などで九州初の鯨組を組織した。はじめ浅井太郎左衛門と称したが,藩主大村純長(すみなが)より深沢姓をあたえられ儀太夫勝清を名のった。寛文3年3月17日死去80歳。
----------・・・----------・・・----------

・「義太夫」は尊敬語であり、深澤家の本家だけ名乗っていたと言う
 そのこと(九州でのクジラ取り組の元祖)について、「儀太夫」の「太夫」は芸能一座の太夫(一座の長、英語ならトップやリーダー)と同意義語であろう。つまり、「儀太夫」とは、この場合、九州で始めてクジラ取り組を始めた深澤家に対する尊敬語であり、他の鯨(クジラ)取り組は、呼称していなかった。また、深澤家の本家だけ使えた名称だったとも聞いている。

 また、この深澤儀太夫勝清は、捕鯨で得た巨万の富で、野岳ため池(野岳湖)を造った。当時は、コメ増産のための灌漑用ため池が主目的だったろう。しかし、現在の野岳湖は、農業用のため池にとどまらず防災効果、さらに湖畔周辺部も含めれば観光、スポーツや、家族で楽しめる公園にもなっている。さらには、新茶祭りや各種イベントなどでの物産販売などあれば、経済効果もある。

 しかも、没後350年以上経っているのに毎年春には、深澤儀太夫の遺徳を讃えて儀太夫祭りが開催されている。大村市内や長崎県内にも偉人や有名人は、多くいらっしゃる。しかし、死後350年以上経っても多くの方から慕われ、さらには野岳湖を中心に、農業や観光など様々な分野で、さらには年間何十万人の方々が訪れる場所が、県内の他の場所に沢山あるだろうか? 上野は個人的に、深澤儀太夫勝清は、今なお多くの人から尊敬を集め、その功績(業績)が現在も生き続けて県民に多大な貢献をしている、まさに最も長崎県内で功績のあった人(偉人)ではないかと思っている。

深澤儀太夫三代と、たくさんの公共事業


 (この原稿は、準備中。しばらく、お待ち下さい)



----------・・・----------・・・----------
<質疑応答>

 


 (この原稿は準備中。しばらく。お待ちください)


----------・・・----------・・・----------
・主な関係ページ:鎮西学院大学 、東彼杵町歴史民俗史料館  、 



(初回掲載日:2022年10月30日、第二次掲載日:11月6日、第三次掲載日:11月18日、第四次掲載日:  月 日、第五次掲載日:  月 日)



最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク