最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村の自然(山、川、滝、巨岩、石、洞窟、島、景観、その他)シリーズ  郡岳(こおりだけ) 

郡岳(こおりだけ)
奥左側が郡岳(こおりだけ、826m)、右側は遠目山(とおめやま、849m)、右端側は経ヶ岳(きょうがだけ、1076m)<2015年10月3日、大村市寿古町から撮影>
奥やや左側が郡岳(こおりだけ、826m)、右側は遠目山(とおめやま、849m)、手前側は野岳湖<2004年10月16日、大村市東野岳町から撮影> 
概要紹介 
 名称:郡岳
(こおりだけ) 標高:826m 所在地:長崎県大村市重井田町

東彼杵町・木場郷「清水交差点」付近からの郡岳(2016年12月30日撮影)
最奥の左側:郡岳、大村市箕島町、長崎空港からの眺望(2015年10月3日撮影) 
 大村には、多良山系の主峰として経ヶ岳(きょうがだけ、1076m)をはじめ標高800mを超す山として五家原岳(ごかはらだけ、1057.3m)遠目山(とうめやま、849m)などある。また、この山系の稜線(尾根)上にも高い山がある。

 しかし、先の山並みは、どの山も、県境とか市境などとなっている。今回紹介の郡岳(こおりだけ、826m)は、標高800mを超す山では唯一、山頂周辺含めて大村市内の山である。

 郡岳の緩やかで美しい山容は、優しい母親のような雰囲気がする。なお、この山は、見る場所が違えば、まるで独立峰のようにも見える。また、(上から3番目写真参照)北部の東彼杵町、西側の松原・福重・竹松・西大村地区、南部になる五家原岳の頂上からも、この山は見える。

 (上から4番目写真参照) あと、長崎県の玄関口でもある大村市箕島町にある長崎空港から大村の山並みを眺めると、北側(左側)に、この郡岳は全体が良く見える。そして、まるで大村の山を代表しているような存在感さえしている。このよう郡岳は、どの方角や町から見ても、様々な山容や景色が楽しめる山でもある。


  (後半原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)




1)歴史など


  (この項目は準備中。しばらく、お待ちください)



・郡岳の名称の由来


  (この項目は準備中。しばらく、お待ちください)


2)滝など


  (この項目は準備中。しばらく、お待ちください)



補足

  (この項目は準備中。しばらく、お待ちください)


(初回掲載日:2019年10月16日、第二次掲載日:2021年4月27日、第三次掲載日: 月 日、第四次掲載日: 月 日、第五次掲載日: 月 日)
((
大村の自然((山、川、滝、巨岩、石、洞窟、島、景観、その他)シリーズ  もくじページに戻る 

参考文献、書籍一覧表 「大村村の歴史」もくじ

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク