最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村の自然(山、川、滝、巨岩、石、洞窟、島、景観、その他)シリーズ  日岳(ひだけ)、日岳公園 

日岳ひだけ)、日岳公園
(写真1) 中央部:日岳(ひだけ、258m) 頂上周辺は日岳公園。 奥の山並みは多良山系で右側は五家原岳(ごかはらだけ、1057.3m)
この写真は対岸の諫早市多良見町にある「のぞみ公園」周辺から2022年7月30日に撮影した。
(写真2) 日岳 三浦地区の山間地を南北に貫いている市道の脇から撮影した。
概要紹介 
 
名称:日岳(ひだけ)、日岳公園、    標高:258m  所在地:長崎県大村市日泊町

 この日岳及び、その頂上部にある日岳公園の大きな特徴点は、頂上周囲の木が繁茂していなければという条件付きながら、360度見渡せるパノラマ的な眺望である。特に、西側の大村湾(海)、小島、湾曲した海岸線、南側の近くは諫早市街地、遠くは雲仙普賢岳、北側方向で長崎空港や
臼島(うすしま)などが一望できる。そのロケーションの良さは、大村市内で抜群さを誇る。

(写真3) 中央部が日岳の頂上日岳公園(ほぼ芝生・草地、植栽や樹木ばかり)
)写真4) 中央部が日岳(右側は旧・三浦農協の倉庫など、左側は第13分団詰所
(写真5) 日岳頂上近くにある神社周辺から南側の眺望
、中央部:諫早市街地、最奥:雲仙・普賢岳
(写真6)  日岳公園から西側の眺望、大村湾、各小島、湾曲した海岸線など  
 さらに、周囲の木が高くなかった当時は、東側の五家原岳(ごかはらだけ、1057.3m)をはじめとする多良山系の多くと、北側方向では、大村市街地も良く見えていた。あと、長崎空港へ航空機が離発着する場合(着陸の最終アプローチコース)が大村湾の上、つまり、この日岳の西側付近を通るため昼夜問わず、その機体や各種ライトの輝きも見える。

 また、この日岳は、標高
(256m)で三浦地区では最も高い山である。そのようなことから頂上部には、神社、石塔類や史跡もあり、歴史の山である。そのため三浦地区(旧・三浦村)を代表する象徴的な山でもある。なお、このことは、三浦小学校の創立100周年記念誌の本の名として、「日岳」として表記されていることからも分かる。

 ご参考までに、先に述べた見晴らし抜群の日岳に、車で頂上近くにある駐車場へ行く便利さも市内では、あまり例がない。日岳公園内は、そう広くはないが、芝生や草地であるため、子ども達の遊び場として家族連れで楽しめる場所でもある。


1)山の形状など
 
まず、冒頭に書いたデータ通り、日岳の標高は、258mである。次に、(写真1、2、4)を参照願いたい。これらから分かりやすくいえば、日岳は、いくつも800mを超す多良山系に比べれば標高は高くない。だが、海(大村湾)との距離が短い分、その海から眺めれば標高以上に高くも見える印象がある。

 また、(写真1、4)の通り、周囲に同じような標高の山がない分、日岳は、まるで独立した山のようにも見える。日岳の山容は、頂上部も、その周囲も含めて、なだらかである。逆に言えば、だからこそ、頂上部まで車で登れるということだ。それらは、(写真2)の通り、頂上から数十メートル下に広い畑、市道や会社の建物まであることでも良く分かる。


・ほぼ360度のパノラマ眺望ができる山と公園
 
注意:下記の日岳を始め他の大村の山からの景色は、数十年前の360度の眺望があった当時の内容であって、現在の状況ではない。念のため、それぞれの山によって現状は違うので、もしも引用参照されるならば必ず現地の山を直接確認してから書いて頂きたい>

 大村市内には、360度の眺望可能な山が、いくつかある。(ただし、頂上周囲の木が繁茂していなければという条件付きで)例えば、多良山系の主峰として、経ヶ岳(きょうがだけ、1076m)をはじめ標高800mを超す山として五家原岳(ごかはらだけ、1057.3m)遠目山(とうめやま、849m)郡岳(こおりだけ、826m)などがある。あと、標高は、あまりないが、鉢巻山(はちまきやま、334.5m)琴平岳(ことひらだけ、334m)と、今回紹介の日岳(ひだけ 258m)などである。

 先の山で、標高800m以上の山は、登山靴をはいて登るが、それ以外なら、頂上からそう遠くない所に駐車場があるほど便利が良い。特に、この日岳の頂上周囲が、日岳公園として整備されているので、利便性抜群の山ともいえる。頂上周囲の木々が高木でなかった頃、東西南北の360度、つまり東側五家原岳(ごかはらだけ、1057.3m)を始めとする多良山系、西側は大村湾・各小島・湾曲した海岸線(写真6参照)、南側は近くの諫早市や遠くの雲仙普賢岳(写真5参照)北側は大村市街地や長崎空港などが見れた。

 なお、長崎空港へ航空機が北側方向(R32)へ着陸する場合、この日岳の西横側(大村湾上空)は最終アプローチ
(着陸体勢)のコースとなる。そのため、各種の飛行機がよく見える場所でもある。さらに、夜間の場合、満天の星空、大村や諫早の市街地の灯り航空機の光輝くライトなども眺められる。

2)歴史など


 
 (この項目は準備中。しばらく、お待ちください)



3)家族連れで楽しめる山と公園


 
 (この項目は準備中。しばらく、お待ちください)


補足

  
(この項目は準備中。しばらく、お待ちください)




(初回掲載日:2022年8月3日、第二次掲載日:8月6日、第三次掲載日:8月7日、第四次掲載日:8月12日、第五次掲載日:8月15日)
((
大村の自然((山、川、滝、巨岩、石、洞窟、島、景観、その他)シリーズ  もくじページに戻る 

参考文献、書籍一覧表 「大村村の歴史」もくじ

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク