最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク


大村の石塔、記念碑、石碑や碑文など 平四郎水神(へいしろう すいじん)
 概要紹介
掲載中
 水神の大きさ -
 水神の碑文 -
 まとめ -
・碑文関係用語解説集ページは、ここからご覧下さい。
掲載中
(写真1) 右側が平四郎水神、中央は倉庫、左側は電気ポンプと井戸。 (左側方向に郡川があり、その中に平四郎堰がある)
(写真2) 平四郎水神 (写真3) 郡川の中にある平四郎堰
(写真4) 平四郎水神の本体部 

 用語開設
 ・水神
(すいじん)とは、広辞苑を引用すると「水、特に飲用水・灌漑用水などをつかさどる神。また、火災を防護する神」である)

 井堰・堰(いせき、せき)とは、広辞苑を引用すると「水を他に引くため、川水をせきとめた所。井手。せき」である)

概要紹介

 
平四郎水神(へいしろう すいじん)は、郡川の寿古町側にある平四郎堰(へいしろう せき)の取水口から堤防(道路)や畑を挟んで北北西側に約40m行った所にある。(写真1参照) この水神本体から南側へ倉庫、電気ポンプ、井戸などがある。この平四郎水神は、その名称通り、郡川にある平四郎堰及び、そこから取水された水を耕作地に引くための井手(用水路)を守る水神である。

 現在は、(写真3の通り)新しい可動堰
(かどうぜき)になっているが、元々は固定式(石垣)であった。なお、上流側にある本庄渕(本城渕)=本城(本庄)堰との距離は、約240mである。また、後でも関連したことを書くが、この本庄渕の由来は、「役所(本庄=本所)前の渕」との意味である。

 先の古い堰形式(石垣)の完成年は正確には、不明である。しかし、江戸時代の(大村)郷村記には、「平四郎井手」として記録されている。ここからは上野の推測ながら、この堰と井手(用水路)の完成年代は、速ければ古代で、遅くても中世時代に造られ、同時に初期頃の水神も建立されたと考えられる。

 何故なら、先に述べた通り寿古町のこの周辺の直ぐ上流側の好武には、古代・肥前国の彼杵郡家の役所があったともいわれ、さらにはその後、東福寺の荘園(管理事務所)もあった地域である。そのようなことが可能だったのは、この周辺が穀倉地帯だったからである。つまり、近くにある本庄渕(本城渕)=本城(本庄)堰平四郎堰などが相当古い時期から存在しないかぎり、穀倉地帯にならないと思われるからだ。



 (後半原稿は準備中。しばらく、お待ち下さい)



水神の大きさと緯度経度





水神の碑文





まとめ





関係ページ:「平四郎堰(げいしろう せき)(平四郎井手)

(初回掲
載日:2021年6月11日、第2次掲載日:9月14日、第3次掲載日: 月 日、第4次掲載日:月6日、第5次掲載日: 月 日)

大村の記念碑、石碑や碑文(目次ページ)へ戻る
大村の歴史個別ページ目次ページに戻る


最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク