最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村空襲・戦災・戦争遺跡・記録など    竹松小学校の空襲 
 もくじページへ戻る
(写真1) 中央部の白色で長い建物周辺竹松小学校の1944年当時の校舎 (写真の左側上部の薄い一直線は国鉄・大村線,、下部の道路は国道34号線)
中央部左側の(黒色の)木立は皇天宮(神社)  <上記写真は「軍都」大村の歩みと市民の6~7ページの写真をトリミングしたもの>

  
(写真2) 竹松小学校の1944年当時の校舎----上記の(写真1)から、竹松小学校周を中心に縦位置でトリミングした同じ校舎写真である。<上記と同じく写真は「軍都」大村の歩みと市民の6~7ページのから複写した>

 上野調べながら、戦前(空襲前)の竹松小学校などについて記載されている書籍類(数冊の本)には、航空写真だけでなく、普通目線で写してある校舎(風景)写真も掲載は、ないようだ。その意味で、甚だ不鮮明ながらも(写真1と2)に写る竹松小学校の校舎写真は、珍しいといえる。

 (写真1と2)の撮影年は、上記通り1944(昭和19)年当時だ。しかし、この写真が空襲前か、空襲後かまでは、正確には不明である。ただし、上野の推測ながら、校舎の状況からして、まだ空襲前と想像される。
 画像A:中央部の大きい紫色の敷地が大村海軍航空隊のあった所で、その左側(北側)の四角形の紫色部分が第三五二海軍航空隊(草薙部隊)=現在は郡中学校の敷地である。 注意:先の三五二空(草薙部隊」を示している四角の紫色部分だけでは、敷地的に間違いである。正しくは右側(南側、宮小路町方向)へ、もっと大きく敷地は広がっていた。

 また、右図の二つの四角形の紫色部分の下部(西側や北側)方向付近にも飛行機を隠すためのカムフラージュ網などの敷地=駐機場などもあった。そこへ飛行機を移動させる道路=誘導路などもあった。
しかし、そのような場所は、この画像Aには表されてない。つまり、大村海軍航空隊表示の紫色は、草地の滑走路面だけの敷地である。
<右側の「画像A」は、「放虎原は語る」(1999年3月31日、大村市発行)の付録地図から、上野が複写、トリミングして一部CG加工した。特に、見やすくするため大村湾を水色へ彩色もした>
竹松小学校の空襲を書くきっかけ
 上野は、「2024年2月26日、竹松小学校・図書ボランティア・講話(概要報告) 」ページ通り、初めて同校内で「竹松小学校の空襲」を話した。そして、先の「講話(概要報告) 」ページとは、別のページに、もっと補足文、写真や図などを多くして、より詳細に書いていこうと考えたのが、今回掲載のきっかけである。
--------------------・・・--------------------・・・--------------------・・・--------------------・・・
(写真A) 上記写真は竹松小学校・創立百周年記念誌より複写。
 説明文に「昭和33年4月ブロック四教室新築以前の全景写真で
現在皆この校舎はありません」とあり。
つまり、上記には終戦後に改築された校舎があると推測される。 
竹松小学校の空襲関係の年表
 注:下表は、主に「竹松小学校・創立百周年記念誌」の年表を参照して、竹松小学校の空襲関係を中心とした年表である。なお、上野が他の書籍類を参考にして、一部推測して書いた事柄もある。

 そのようなことと、下表の事柄について、今後も追加(補足)、改訂を繰り返す予定なので、あくまでも参考程度に、閲覧願いたい。念のため、もしも、引用される場合は、必ず先の原本や地域の方への聞き取り調査などを実施して頂きたい。

 注:下記項目を分かりやすくするため、太文字、( )内、その他は、上野が補足して付けた。また、表の色分けは、分かりやすくしているだけで、何の意味もない。
竹松小学校の空襲関係の年表 
年 月 日 など 主 な 経 過 内 容
1873(明治6)年3月25日  竹松小学校の創立(大村市内での開校では、福重小•松原小•鈴田小についで4番目に古い小学校)
1944(昭和19)年10月25日  大村大空襲(第21航空廠=航空機製造工場)を中心とした実質的には大村市内での初空襲(犠牲者は一説では約260名〜約300名、詳細は調査中)
1945(昭和20)年3月18日  竹松地区にあった 「大村海軍航空隊(草地の滑走路だけでも長さ1600m、幅1400m。実際は東西南北2000m以上の広い敷地のあった飛行場)へ猛烈な空襲----この時、竹松小学校周辺も被害が出たと思われる。 (上野発行の小冊子「竹松地区の空襲」に当時の空襲中の航空写真と、その概略を掲載している)
1945(昭和20)年5月9日  (竹松への)空襲が熾烈となり坂口郷(町)の井石氏宅を仮校舎として疎開授業を始めた。
1945(昭和20)
    7月5日、7日
 竹松小学校へ空襲、校舎の被害は甚大であった。
1945(昭和20)年8月15日  終戦
1945(昭和20)年9月24日  元の「小路口工員宿舎」を仮校舎として移転。(同時期頃から空襲に遭った)竹松小学校の校舎を約9ヶ月間かけて復旧工事をおこなったと思われる。
1946(昭和21)年5月7日  本校舎が完成し、授業含めて(学校全体が)復帰した。(注:ただし、この完成した木造と思われる校舎は、その後、次々と鉄筋コンクリート校舎などに新改築されていった。(同校「創立百周年記念誌」発行の1974年12月時点では一校舎も残っていなかったという)
1947(昭和22)年4月1日  大村市立竹松小学校(現在と同じ)となる。
-  
-  
- -
なぜ、竹松地区は空襲が激しかったのか?


 (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)


竹松小学校の空襲や疎開授業


   (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)


空校舎の再建と現在地での授業開始



   (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)


補足


 (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)

------------------------
・関係ページ」「2024年2月26日、竹松小学校・図書ボランティア・講話(概要報告) 」 冊子紹介「竹松地区の空襲」  「大村海軍航空隊」 「第三五二海軍航空隊(草薙部隊)


 (初回掲載日:2024年4月17日、第2次掲載日:5月17日、第3次掲載日: 月 日、第4次掲載日:月 日)
--------------------・・・--------------------・・・--------------------・・・
<古写真や資料提供のお願い>
 戦前の写真、資料類は、極力収集に努めていますが、全て上野の一人作業のため、まだまだ、少ない状況です。どなたか、ご提供あれば掲載を考えますので、どうか、ご協力願います。(メールは、このページからお願いします)
       
   もくじページへ戻る

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク