最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村空襲・戦災・戦争遺跡・記録など    第21航空廠(第二十一航空廠) (21空廠) 
 もくじページへ戻る
 (写真1) 正確には撮影年月日不明ながら戦前の第21航空廠の本部

(出典:「放虎原は語る」(1999年3月31日、大村市発行、編者:第二十一海軍航空廠殉職者慰霊塔奉賛会)の270ページ掲載写真より複写した。

 注:さらに補足説明を書く予定。

 
(写真2):1944(昭和19)年頃の21航空廠を中心とした航空写真
(出典:「軍都」大村の歩みと市民〜回顧1896ー1945(2015年度 大村市立史料館特別展の冊子)9ページ掲載写真より複写した。
<写真説明>
 ・左側(北側)方向には、大村海軍航空隊があった。
 ・下部の黒色は大村湾。当然、さらに下部(西側)方向に当時「箕島(みしま)」があった。しかし、この箕島は、1975年5月1日に供用開始した長崎空港が開港した。
 ・上側(東側)方向には、当時の陸軍46連隊(現在の陸上自衛隊・大村駐屯地)があった。
 ・中央部と海岸側に写る大きな建物群21航空廠(工場・倉庫・格納庫・病院など)である。

 注:さらに補足説明を書く予定。
第21航空廠の概要経過
 注1:名称について、第21航空廠の正式名は「第二十一海軍航空廠」である。しかし、この正式名称より大村市民の間では、「第21航空廠」と表記、略して「21空廠」あるいは単に「航空廠」や「空廠」などの呼び方が、圧倒的に多い。そのため、このページも、そのような通称で書いている。

 注2:下表は「「放虎原は語る」(1999年3月31日、大村市発行、編者:第二十一海軍航空廠殉職者慰霊塔奉賛会)新編 大村市史 弟四巻 近代編」 「軍都」大村の歩みと市民〜回顧1896ー1945(2015年度 大村市立史料館特別展の冊子)むかしの竹松(1997年12月日 竹松を語る会)などである。また、寿古町の増元氏が2012年8月9日・郡中学校を始め各小中学校で話された大村空襲の講演内容も引用・参照している。さらに、地域伝承も参考に作成した。あと、地名は現在の地名を主に使っている。

 注3:今後、引用・参照資料として、1945(昭和20)年、第21航空廠が存在していた時に書かれた21航空廠の(日本語)資料、さらには、その資料をそのまま使って書かれた「米国戦略爆撃調査団報告書」をもとに、補足・改訂を繰り返す予定である。

 注4:下表内容は追加(補足)、改訂を繰り返す予定なので、あくまでも(閲覧時点での)参考程度に、ご覧頂きたい。なお、念のため引用される場合は必ず原本や地域の方への聞き取り調査などを実施して頂きたい。

 注5:この第21航空廠を記述する場合、まるで枕詞か重要な形容詞みたいに大村市教員会による設置・発行の史跡説明板・書籍類、ホームページ類に必ず表記してある「東洋一の航空機製造工場」「工員数は5万人」とかの表記は、大間違いである。しかも、5年程前から上野が具体的に1945年当時の一次資料を提示しながら大間違いの改訂を要望しても、市は改訂されていない事項である。また、この21航空廠の敷地面積も従来説は、再検証の必要がある事項である。

 注6:下表の色分けは分かり安くしているだけで何の意味もない。
 
第21海軍航空廠の略年表 
年 月 日 など 主 な 経 過 内 容
1919(大正8)年 佐世保海軍工廠に造兵部飛行機工場を設置
1934(昭和9)年 6月 佐世保海軍工廠造兵部飛行機工場が航空機部として独立。      
1937(昭和12) 年2月 佐世保市日宇に移転が決定。
1939年(昭和14) 3月
          6月
          12月
日宇の地盤が弱いため、航空機部を大村に移転することに決定。
大村での用地測量と土地買収が始まる。
第21海軍航空廠設立準備委員が任命される。
1941年《昭和16)10月 第21海軍航空廠が開廠(広さ:645,000u、工場:62棟(延べ建坪31,854坪)
1942年(昭和17)2月11日 大村市の誕生(大村町、三浦、鈴田、萱瀬、福重、松原5村の合併)
1943年(昭和18)2月 航空廠工員養成所落成同官舎34棟竣工。
1944(昭和19)年2月 官舎、工員住宅、寄宿舎(官舎・職員住宅:93棟、工員住宅:693棟、寄宿舎:87棟)
         6月 航空廠拡充計画工事竣工
         9月 学徒動員令
     10月25日 大村大空襲(死者:285名または272名、(注意A) 重軽傷者:300人余り、建物被害:210,000u
         11月 (学徒動員、女子挺身隊含む)人員が最大数を記録= 28,772名(注意B)
-
(下記の内容や項目は、調査後に順次掲載予定。しばらく、お待ちください)
 
- -
- -
- (注意A):空襲犠牲者(死亡者数)は、大村だけでなく全国例でも、各地で様々な数値があるという。それは主に正確な資料がそのもの無いを始め、統計のとり方、調査年月や場所の違いなどに起因している場合もあるという。

(注意B):上野は日米の一次資料に基づき書いた。なお、大村市教育委員会設置の2基の史跡説明板や、これをもとに書かれた書籍類とホームページ類に「工員数5万人」などの表記は、大間違いである。また、この最大人数は壊滅的な空襲の後ということにも、ご注目願いたい。(このことの詳細は、後の項目で書く予定)

第21航空廠の内容


   (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)


第21航空廠へ空襲



   (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)


補足



 (この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)



 (初回掲載日:2021年12月16日、第2次掲載日:2022年3月11日、第3次掲載日:3月22日、第4次掲載日:6月17日)
--------------------・・・--------------------・・・--------------------・・・
<古写真や資料提供のお願い>
 戦前の写真、資料類は、極力収集に努めていますが、全て上野の一人作業のため、まだまだ、少ない状況です。どなたか、ご提供あれば掲載を考えますので、どうか、ご協力願います。(メールは、このページからお願いします)
       
関係HP  (増元氏の)大村空襲の講演  下記3講演内容の詳細報告 掲載中
関係HP  (増元氏の)大村空襲の講演  2012年6月25日・桜ヶ原中学校での講演(概要報告) 掲載中
関係HP  (増元氏の)大村空襲の講演  2012年8月9日・郡中学校での講演(概要報告) 掲載中
関係HP  (増元氏の)大村空襲の講演  2006年11月25日・福重小学校での講演(注:主に写真のみ) 掲載中
       
   もくじページへ戻る

最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク