最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村の歳時記シリーズ 餅まき
餅まき:餅が飛んでいる (鈴田ふれあい祭り、鈴田小学校にて、2013年10月20日撮影) 
餅まき:(2019年12月15日、立福寺町の馬頭観音祭) 餅まき:(2019年10月27日、みうら勘作まつり)

餅まき
餅まきの概要紹介
 この餅まき(もちまき)は、大村市内だけでなく全国どこでも、その主催者・規模・人数・場所などは、当然違えど、主旨(目的)、内容やり方実施時期も、大体同じようなものではないでしょうか。(下記の用語解説も参照願いたい)

餅まき(2019年10月20日、鈴田ふれあい祭り)

<用語解説>
 ・餅まき(もちまき)または餅投げ(もちなげ)は、上棟式などの神事に際して集まった人々へ餅をまく行事である。正式には、散餅の儀、散餅銭の儀という。<出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の解説より>

 棟木(むなぎ)とは、棟に渡す横木。屋根の最上部に、桁行 (けたゆき) 方向に取り付ける横木。むねぎ。(デジタル大辞泉より)

 餅まきは、上記の用語解説の通り、民家の新築(改築)時の上棟式(じょうとうしき)=棟上式(むねあがしき)などおこなわれている例が多いと思われます。ただし、それだけではなく、例えば何かの祭り(イベント)の最終番、または宗教行事で、お祝いを兼ねた時などにも見られます。ここで、上野が大村市内で見た範囲内で、餅まきの状況をまとめますと、次の通りです。

 (1) 上棟式=棟上式など
 (2) 祭り
 (3 宗教的な行事

 (現在は、ほぼ見られないが)その家の子どもの誕生を祝い、小規模の餅まきや、赤ちゃんに鏡餅風の餅を足で踏ませる行事もあったと聞いた。

餅まきの意味
 この餅まきの元々の意味は、先述の「用語解説」通り、餅まき(もちまき)または餅投げ(もちなげ)は、上棟式などの神事に際して集まった人々へ餅をまく行事である。正式には、散餅の儀、散餅銭の儀という。」<出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の解説より>だったろう。

 その後、全国各地で上記の辞典通り民家の新築(改築)時の上棟式(じょうとうしき)棟上式(むねあがしき)も、当然現在もある。さらに、神事祭りなどの各種種行事の時でもおこなわれている。かく言う上野自身も「上野ログハウス」(自宅)建設時(1997年完成)に、この餅まきを主催したので、その時、地域の風習含めて経験した。そして、この餅まきの意味も当時良く年上の方々に聞いて回った。そのこととも含め、先の「用語解説」内容と重複もあるが、下記にまとめている。

立福寺町、六社権現の改築祝いの餅まき
(中央と右側では餅が飛んでいる) (撮影:2017年12月17日,
 (1) 家の新築時、まずは土地購入から始まり、敷地の整備・造成、建設設計書、縄張り、安全祈願神事、基礎工事、住宅用の柱などの建築着工、その後順調に進めば棟木(むなぎ=上記の「用語解説」参照)を上げる。

 まだまだ家造りは続くが、棟木が上がることによって一つの区切りみたいになる。そのようなことから、上棟式(棟上式)をおこない、今までの作業の安全に感謝しつつ、今後も安全でありますようにと主催者が中心になり、関係者全員で祈願する

 (2) 現在は多くが住宅メーカーが建築施行される場合が多いと思われる。しかし、昔ながらの住宅施行ならば、次のような方々も大勢必要だ。それは、大工の棟梁を中心に多く(当初のみ10人近く)の大工、さらには親戚や同じ町内の方々が、柱をはじめ各種建築部材の運び込み、さらには棟上式の後では、左官と一緒に壁塗り(造り)作業、屋根瓦(やねがわら)をふせる工事などもある。その関係者へ、感謝の意味も込めて餅まきをおこない、帰りには、その方々へ、飲食物や記念品を差し上げる。

 (3) 最初から、その場所にあった家ならば特には後記内容の意味はない。しかし、他の地域から移り住むことになった人が住宅を新築した場合は、同じ町内の方々へも餅まき(餅拾い)を呼び掛けることによって、「これから、ここに新たに住みますので同じ町内の皆様、よろしくお願いします」との意味(つまり初顔合せみたいないこと)も込めている。

 (4) あと、上記の家の新築以外、例えば何かの神事や祝い事あるいは祭りなどの各種行事(最終時が多い)の場合、その行事が成功だったことと、参加者への感謝を込めて、餅まき(実施される例が多いと推測される。

 上記いずれにしても、総じて述べるならば祝い事作業(行事)安全の感謝と祈願関係者や参加者へのお礼などの意味を込めて、餅まきはおこなわれているのではないだろうか。  あと、上野の個人的な感想ながら、この餅まき(餅拾い)は、餅をはじめ紙にまいた小銭(縁起をかついで5円、50円、500円玉などが多い)や菓子などを高い所からまく方(主催者や関係者)も、それを拾う方々(参加者)も、一瞬ながら一同一体となり、楽しく、嬉しい時間を共有できるものである。

餅まきの内容
 この項目、民家などの場合、本来ならば上棟式(じょうとうしき)棟上式(むねあがしき)から書くべき事項と思われる。しかし、このページ=「餅まき(もちまき)」のみの内容なので、その事柄は省略して書いているので、あらかじめ、ご了承願いたい。

餅まき用の箱(餅、お菓子、飴などが入っている)
(鈴田ふれあい祭り、撮影:2018年10月21日,
 また、下記内容は、上野が「上野ログハウス」(自宅)建設時(1997年完成)に経験したことを中心に書いている。そのため、他の方々や、あるいは何かの祭りなどでおこなわれている餅まき時と違う場合もあるかもしれないが、その点は書いていない。

 あと、餅まきがおこなわれる棟上式(むねあがしき)当日の作業は、住宅メーカー任せは当然別内容である。ただし、昔ながらの家の建て方、つまり、大工・町内・親戚・家族の手伝いて家を建てるならば、ほとんどの場合、早朝から大変忙しい。また、その人数は、数十名で力仕事なので男性が中心である。

 同時進行で、建設中の近くにある親兄弟・親戚の家(あるいは公民館)などでは、先に書いた大工の手伝いをしていない人(女性・老人・子どもなどで)餅まき用の餅つきがおこなわれ、その数も沢山つくられている。また、その餅の大きさも大・中・小と色々と作られている。あと、大昔は、それこそ、のみが準備されていたと推測している。

 しかし、現在ではにプラスして、餅拾いに来る子ども達が喜ぶような例えば、お菓子(袋や小箱)、また、お金も縁起をかついで、5円50円500円を半紙に包んで準備しておく。そして、たいてい「もろぶた」という長方形で、底の浅い木箱に入れておく。その箱の数は、10箱を越えている。(上記右側写真「餅まき用の箱」も参照願う)

餅まきのやり方
 この項目は、先の項目で述べた通り、上野が「上野ログハウス」(自宅)建設時(1997年完成)に実施した餅まき=餅拾いをしたことを中心に書いている。そのため、他の方々の新築・改築祝いや、あるいは何かの祭りなどでおこなわれている餅まき時と違う場合もあるかもしれないが、その点は書いていない。

 あと、一度この餅まき=餅拾いに参加された方ならば、この行事そのものは、ご覧の通りのことなので、難しいことは何もない。下記は、先の項目(「餅まき用の箱」)まで、準備できている段階から書いている。つまり、親戚や近所の民家(または(公民館)などで作られた餅まき用の箱が、新築(改築)現場に運び込まれたところからである。

 (1) まず、棟木などが上がった屋根や臨時に組んだ櫓(やぐら)の上では、大工の棟梁始め注文者(発注者=主催者)・家族・親戚や近所の代表などと一緒に、お神酒(おみき)を飲み、ここまでの安全作業に感謝しつつ、これからも同様に進行していくことを願う。(念のため注文主がら一同の方へ簡単なお礼の挨拶などもある)

 (2) 上記(1)が終わった後、餅をまく人が全員横一列に餅まき用の箱を持って並び、主催者(発注者)が「今から餅まきを始めます」との合図を大声でかける。

餅まき:(2019年12月15日、立福寺町の馬頭観音祭)
 (3) 通常、小さい餅やお菓子などから投げる場合も多い。(昔は、全部の餅は、そのまま投げていたが、数十年前からはビニール袋に1個づつ包んである場合もある。お菓子などは、当然その袋のままである)

 (4) その後は、餅まき用の箱の中身が無くなるまで、投げられるし、参加者に拾ってもらえる。拾う方は、レジ袋などを持参して、「こっちに投げて!」「後ろの方にも投げて!」「大きな餅を拾った」 「お金だあ!などとの声も飛び交い、大変にぎやかになる。

 (5) 最後半で、餅まき用の箱の残しておいた餅を参加者へ見せながら、「これが一番大きな餅で縁起餅だ!」といいながら力強く投げ入れて餅まき=餅拾いは終了となる。この時、餅などを袋に入れた餅を拾う人(参加者)も、それを投げる人も、実に楽しそうな、満足そうな笑顔が見られる。

 ・あと、ご参考までに。上野は他の祭り(2019年、立福寺町の馬頭観音祭や、2017年、六社権現の改築祝いの餅まき)などの餅まき時には、その全部が素人カメラマンとして参加し、終始写している。その関係上、餅を拾うことができない。そのことを知っておられる主催者は、餅まきの事前や事後に、「あんたは写してばっかりやろうから、拾うことができんやろう」と言いながらビニール袋に数十個入った餅をもらえる場合もあり、主催者の配慮を感じ、お礼したことも何回かあった。私にとって、このようなことも餅まきの楽しい一場面である

感想など


(この原稿は、準備中。しばらく、お待ち下さい)


補足

  (この原稿は準備中。しばらく、お待ちください)


コメ関係ページ:田起こし(たおこし) 、 代明け(しろあけ)代掻(しろかき)  、 田植え(たうえ) 、 稲刈り(いねかり)  、 (稲の)掛け干し(いねのかけぼし) 、 脱穀(だっこく)  、 籾すり(もみすり)  、 精米(せいまい)  、 (もち)つき  

初回掲載日:2021年12月21日、第二次掲載日:2022年1月1日、第三次掲載日:1月10日、第三次掲載日:1月15日

参考文献、書籍一覧表 歳時記関係用語集 「大村の歴史」もくじ


最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク