最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村辞典
はじめに
もくじ
大村辞典

”て”の項目


”て”の項目

てぼ屋敷(てぼやしき)  所在地:大村市沖田町
<概略説明> 「てぼ」とは籠(かご)やザルのことである。大村市立郡中学校の運動場側校門から、ほぼ真東へ約130mいった朝長家の敷地は昔から「てぼ屋敷」と呼ばれたきた。同家
所有の系図によると平安時代後期頃から続く家柄で長年大村家に仕えていた武士(重臣)の家系だった。戦国時代の元亀3年(1572年)に武雄の後藤氏、諫早の西郷氏、平戸の松浦氏の軍勢から大村純忠が居城していた三城城が急襲された「三城七騎籠り(さんじょうしちきごもり)」の戦が起きた。この時、武士の一人が籠(かご)=「てぼ」に脇差(わきざし)を隠して三城城に入り、窮地を救った。その「てぼ」は朝長家に置かれたと言い、その後「門外不出の宝」として大事に保管され代々伝わってきた。そのような由来から、この敷地を昔から「てぼ屋敷」と呼ばれてきた。このことは江戸時代・大村藩によって編さんされた(大村)郷村記に同内容が記述されている。 (掲載日:2015年11月9日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)てぼ屋敷

寺島(てらしま)  所在地:大村市玖島1丁目
<概略説明> 島名の由来は以前ここに仏教寺院の寺嶋山吉祥院があったことに由来している。島内は手入れが行き届いているため無人島とは思えないくらい綺麗である。ここから見る遠景や近景も抜群である。なお、島内には歴史についての案内板があるが、この中の「大村直純」部分が書いてある。この説には何の裏付け史料もないもので江戸時代に大村藩が創作(偽装)内容で、今では間違っていると言われている。
(掲載日:2012年3月16日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)寺島

寺本久津の馬頭観音(てらもとくず の ばとうかんのん)  所在地:大村市松原2丁目(無量寺の階段脇)
<概略説明> この馬頭観音の所在地は松原2丁目にある無量寺の本堂に登る階段脇右側(南側)にある。ただし推測ながら最初から現在地にあったものではなく、建立当初は旧・松原村の寺本郷か久津郷の例えば道路脇などにあったものではないかと考えられる。石像本体の大きさは高さ40cm、横幅25cm、胴囲65cmである。本体下部に馬頭観世音 寺本久津馬頭講車中との碑文があり、これを現代語訳すると「馬頭観世音(馬頭観音)を(松原村の)寺本(郷)と久津(郷)の馬所有者で建立した」と思われる。石像の(基本形は)三面六臂(さんめんろっぴ)の座像である。特徴として三面の顔部分や三組の腕の中で一番下側の拱手(きょうしゅ)している腕部分が大きく突き出していている。それ以外にも肩、頭部なども繊細で見事な石像である。
(掲載日:2018年3月4日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページ・馬頭観音シリーズの)寺本久津の馬頭観音


--準備中--

--準備中--

--準備中--

ご注意:この大村辞典(大村歴史観光辞典)は『はじめに』のページでも書いていますが、個人で作成している関係上、用語、内容や解説について、あくまでもご参考程度にご覧下さい。なお掲載後も記述内容などに間違いがあれば、その都度変更していきたいと考えています。

この大村辞典の目次ページに戻る
大村辞典
はじめに
もくじ
関連ページ 「お殿様の偽装」ページ 「大村の歴史」ページ
最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク