最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村辞典
はじめに
もくじ
大村辞典 く”の項目

く”の項目
草場の経筒その1、その2(くさば の きょうづつ) 所在地:大村市草場町(個人宅)
<概略説明>この「草場の経筒その1、その2」は如法寺跡(民家周辺)から北東方向へ約150m行った畑の中から出土したと言われている。
平安末期から鎌倉時代初期頃、末法思想が流行った。永承7年(1052)に末法の世を迎えるとして、ほぼ同時期に発生した数々の天災、飢饉、戦乱と相まって人々は末法の世の到来ではないかと不安に脅えた。そして、釈迦入滅から56億7000万年後の未来の世に仏となってこの世にくだり、衆生(人や命あるもの総て)を救済するという弥勒菩薩(みろくぼさつ)の出現まで経典を残そうと考えて経塚に経筒を納めた。大村には現存する経筒が5個あるが、その内の2個が「草場の経筒その1、その2」である。大きさは「その1」が高さ45cm、幅16cmで、「その2」が高さ34cm 幅17cmである。石の材質は滑石製(白色系)で中をくり抜いて造ってある。手触りは滑らかながら見た目より重たい。推測ながら、この石は西彼杵半島産出のものと思われる。詳細は、下記から参照(掲載日:2014年5月17日)
<関連詳細ページ>・福重ホームページ
大村の経筒、草場の経筒その1、その2』 関連:如法寺跡

草場の単体仏(くさば の たんたいぶつ) 所在地:大村市草場町
<概略説明>草場町には経塚の上に乗っていたと思われる単体仏がある。この石仏はどこからか移設されたと思われる。経筒を埋めた経塚や、その上の単体仏の造られたのは同時期で平安時代末期と推測されている。全体の大きさは高さ43cm、横幅23cm 、仏部分は高さ31cm、幅23cm、台座の高さ4cm、幅22cmである。石材は滑石製で西彼杵半島産出のものと思われる。大村市内には同種の単体仏は合計9体(福重地区に8体、松原地区に1体)あるが、その中では最大の大きさである。
(掲載日:2016年10月20日)
<関連詳細ページ>・福重ホームページの『草場の単体仏
  関連:(論文集紹介)「滑石製の仏像

草場の二体仏(くさば の にたいぶつ) 所在地:大村市草場町、松尾神社(まつのおじんじゃ)の境内
<概略説明>草場町にある松尾神社の境内東側に男女(夫婦)と思われる二体の石仏がある。二体仏に向かって左側(女性と思われる)は高さ27cm、横幅20cm、奥行き13cm で、右側(男性と思われる)は高さ27cm、横幅23cm、奥行き13cmである。制作は江戸時代中期の作と推定されているが正確には不明である。なお、江戸時代編纂の(大村)郷村記には松尾神社の二体仏としては記述されていないことから、どこからか運び込まれたものと思われる。なお、同じ(大村)郷村記には(現代語訳で)「(字)東光寺に石仏がある。石で切りつけられた(石で作られた)二体である。田んぼの畔にある
」との記述がある。松尾神社より西へ約450m離れた田んぼ周辺の東光寺は元・草場郷(町)だったので、この二体仏が移設されて来た可能性もある。(掲載日:2014年5月17日)
<関連詳細ページ>・福重ホームページの『草場の二体仏

草場の大日如来(くさば の だいにちにょらい) 所在地:大村市草場町松尾神社(まつのおじんじゃ)の鳥居の東側
<概略説明>草場町にある松尾神社の鳥居と階段横(東側)付近に草場の大日如来はある。建立年は昭和29(1954)年で、建立者名は碑文には彫ってないが当時の草場郷(町)の方々と思われる。本体のみの大きさは高さ57cm、横幅34cm、厚さ(奥行)19cm、胴囲95cmである。この大日如来は石像式ではなく自然石に碑文だけが彫られている文字塔式である。なぜ、ここに大日如来が建立されたのかと言う詳細な理由は地域伝承として残っていない。ただし、鳥居を挟んで反対側(西側)に草場の馬頭観音があり、これと関係して建立されたとの話もあるが、正確には分かっていない。
(掲載日:2014年10月5日)
<関連詳細ページ>・福重ホームページの
草場の大日如来

草場の馬頭観音(くさば の ばとうかんのん) 所在地:大村市草場町松尾神社(まつのおじんじゃ)の鳥居の西側
<概略説明>草場町にある松尾神社の鳥居と階段横(西側)付近に草場の馬頭観音はある。建立は大正9年(1920)年で、建立者は当時の草場郷(町)の人達である。本像の大きさは高さ35cm、横幅29cm、胴囲109cmである。この馬頭観音は彫りが繊細なのが特徴で特に頭部や手の造りが細かい。また、蓮華座を(まるで省略したかのように)本体下部に図柄(模様)で描いてある。光背部分は極端に小さい造りと言える。あと、拱手している両手、両側の浮き上がったように見える模様、髪の毛の細かさなどは石工の技術の高さも感じられる。
(掲載日:2014年6月20日)
<関連詳細ページ>・福重ホームページの『草場の馬頭観音

玖島城(くしまじょう) 所在地:大村市玖島一丁目
<概略説明>玖島城は大村藩初代藩主になった大村喜前(よしあき)が慶長4年(1599年)に築城し、12代藩主まで大村氏の居城だった。完成後も幾度となく後世に改修されたことと、近代・現代になって公共施設などが建てられたので築城当時の城遺構は一部を除き見られない。現在ある本丸跡、石垣、堀、空堀、お船蔵跡、新蔵波止跡などは、ほぼ全て江戸時代に築造・改修されたものである。板敷櫓は築城当時から江戸時代や近代通して現在ある構えの大きい櫓が存在したとの説は間違いと言われ、むしろ櫓などがなかったことが長年の本来の姿である。
(掲載日:2015年8月22日)
<関連詳細ページ>・福重ホームページの玖島城

久原城(くばらじょう) 所在地:大村市玖島一丁目
<概略説明>注意を先に書くと、この久原城は江戸時代の大村藩によって創作(偽装)の文書内容で記述された城である。近代・現代書籍類も江戸時代の記述をそのまま引用して書いてあるものは同じく創作(偽装)内容である。なお、先の創作(偽装)のことについては『日本城郭大系 17』(新人物往来社 1980年11月発行)の128ページにも、初代の大村氏のことや、この城に居城したことなどについて、「信憑性に乏しい単なる後世の創作説話であると思われる」とか「直純の久原入場説もまた信じえない」など同様のことが書いてある。
(掲載日:2015年8月4日
<関連詳細ページ>・福重ホームページの久原城

黒田の馬頭観音(くろだ の ばとうかんのん) 所在地:大村市黒丸町、十六善神の境内西側
<概略説明>黒丸町、十六善神の境内西側(お堂に向かって左側)にある。ただし、元々あった場所は同じで境内でも10m位東側で少し盛り上がった所にあったと言う。建立年月日は土台石の碑文によると明治23 (1890)年11月19日である。本像の大きさは高さ41cm、横幅22cm、胴囲59cmである。像の基本形は三面六臂(さんめんろっぴ)である。左側中央部の右手周辺に欠損などあるが保存状態は良い。
(掲載日:2015年8月28日
<関連詳細ページ>・福重ホームページの黒田の馬頭観音

--準備中--
--準備中--
ご注意:この大村辞典(大村歴史観光辞典)は『はじめに』のページでも書いていますが、個人で作成している関係上、用語、内容や解説について、あくまでもご参考程度にご覧下さい。なお掲載後も記述内容などに間違いがあれば、その都度変更していきたいと考えています。

この大村辞典の目次ページに戻る
大村辞典
はじめに
もくじ
関連ページ 「お殿様の偽装」ページ 「大村の歴史」ページ
最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク