最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村辞典
はじめに
もくじ
大村辞典

は”の項目


の項目

白水寺跡(はくすいじあと) 所在地:大村市皆同町
<概略説明> (『大村市の文化財』を
参照すると)白水寺の創立時期は不明ながら郡七山十坊の一つである。江戸時代の古記録(大村)郷村記によれば「平安時代後期に寺院名があり、寺領の石高は10石8斗あまり」となっている。境内は天文20年(1551)に亡くなった大村純前(すみあき)の墓所であった。ところが、他の墓とともに天正2年(1574)キリシタンによって寺院は破壊され、大村家の墓はあばかれ遺骨は郡川に流されたという。 江戸時代になり、正保4年(1647)家老大村彦右衛門がその跡に1間(1.8m)四方の堂を建て、千手観世音を祭り、観世音菩薩と崇め、享保18年(1 733)に再建された。文政11年(1828)大風で堂が倒れたので、 翌年、石祠が建てられた。この周辺には姫墓などもある。 (掲載日:2013年4月27日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『白水寺跡

原の馬頭観音(はらのばとうかんのん) 所在地:大村市原町
<概略説明> 原の馬頭観音は原町にある熊野神社の境内にある。建立は明治21(1888)年、旧10月19日である。本体の大きさは高さ67cm、横幅32cm、胴囲80cmで、土台の大きさは高さ30cm、横幅46cm、周囲180cmである。像の基本形は三面六臂で、特徴点として蓮華座が、やや
突き出 た感じにも見える。土台にある碑文には (正面) 「明治二十一年 馬頭 旧十月十九日 」、 (土台の左側面側)「原郷中」 とある。これを現代語訳して続けて読めば、「馬頭観音を明治21(1888)年、旧歴10月19日に原郷(全体)で建立した」と解釈できる。保存状態は良い。(掲載日:2016年11月2日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『原の馬頭観音

半胴口の滝(はんどうぐちのたき) 所在地:大村市武留路町(鳴滝の上流部)
<概略説明>
 この滝は大村郷村記の鳴滝の項目で「(前略) 此瀧の上に四尺方程の水瓶に似たる穴あり、是を半胴口と云、此穴より水落る也 」(現代語訳:「(前略) この滝(鳴滝)の上に120cmほどの水がめに似た穴がある。これを半胴口(はんどうぐち)と言い、この穴より水が落ちている」)と記述されている。滝名の「半胴(はんどう)」とは素焼き製で水がめなどに用いられている半胴甕(はんどうがめ)が由来と思われる。半胴口の滝は岩場(崖)の中央部にあり、落水口(穴)の大きさは直径1m強で黒く見えている。高さは川面から約4m50cmである。この清らかな滝水は武留路山などに降った雨水の伏流水と推測されるが、名称の由来通り常時豊富な水量が噴き出している。(掲載日:2017年2月20日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『鳴滝』ページの「半胴口の滝

--準備中--

--準備中--

ご注意:この大村辞典(大村歴史観光辞典)は『はじめに』のページでも書いていますが、個人で作成している関係上、用語、内容や解説について、あくまでもご参考程度にご覧下さい。なお掲載後も記述内容などに間違いがあれば、その都度変更していきたいと考えています。

この大村辞典の目次ページに戻る
大村辞典
はじめに
もくじ
関連ページ 「お殿様の偽装」ページ 「大村の歴史」ページ
最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク