最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村辞典
はじめに
もくじ
大村辞典 ま”の項目

ま”の項目
馬込水源(まごめすいげん) 所在地:大村市草場町
<概略説明> この馬込水源には現在、水神様の石祠がある。ここはいくら日照りの時でも枯れたことのない清水が、こんこんと湧き出ている。この馬込周辺は肥前国時代に古代の道と駅(新分駅=にきた、にいきた)があったと推定されている場所である。詳細は下記からご覧下さい。(掲載日:2008年10月8日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『馬込水源

馬込の溶岩流跡(まごめのようがんりゅうあと) 所在地:大村市草場町
<概略説明> この溶岩流跡は馬込水源の下流の川(通称:馬込川=まごめがわ)にある。火山から流れ出した溶岩がそのまま固まったものと思われる。大村市内にはいくつも似たような溶岩跡が見られるが、原町と荒瀬町の境界で郡川に架かる石場橋の上流付近 の川底や川岸当たりの岩盤とともに、この馬込の溶岩流跡は良く分かる場所である。また市道脇から10段もない階段で直ぐに川床に行ける便利な所でもある。川幅自体が5mもないような川床なので細長く感じるが溶岩が流れ下った迫力は随所で確認できる。また、馬込水源からの綺麗な水が岩肌を流れている様は普通の川では見られない光景である。(掲載日:2013年6月14日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『馬込の溶岩流跡

松尾神社(まつのおじんじゃ) 所在地:大村市草場町
<概略説明> 漢字では松尾神社だが読み方は「まつのお じんじゃ」である。大村湾周辺や平野部が一望できる見晴らしの良い所にある。創建当初、松尾権現として1548(天文17)年大村純前が、現在地より北の方に建てた。(この推定場所は「戦国時代にあった松尾権現の推定位置について」を参照) この神社は「酒の神様」でもあり重井田町の御手水の滝(おちょうずのたき)=通称「裏見の滝」から水を汲み酒を造っていたとの古記録がある。 詳細は下記からご覧下さい。(掲載日:2011年10月9日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『松尾神社

松尾神社の鳥居(まつのおじんじゃ の とりい) 所在地:大村市草場町
<概略説明> この鳥居は松尾神社(まつのお じんじゃ)の南西側にある。鳥居全体の大きさは高さ250cm、横幅380cm、柱の胴囲133cmである。額束(銘板)と柱の両方に次の「」内碑文が彫られている。 額束(銘板)=「松尾神社」 、左(西)側の柱=「奉再興鳥居壹基氏子中」、右(東)側の柱=「文政八年乙酉十二月如意日」  この「」内を現代語訳で続けて読めば< 松尾神社 (松尾神社の)氏子(うじこ)で鳥居一基を再興し(再建し)、奉納する。(この鳥居の建立年は)文政8(1825)年乙酉(きのととり、いつゆう)12月如意日(縁起の良い日)である>となる。(掲載日:2014年10月10日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)松尾神社の鳥居

松原くんち(まつばら くんち) 所在地:大村市松原本町
<概略説明> 松原くんちの歴史で最初の開催はいつなのか正確な年代は不明ながら古くからあることは確かで、大村市内のくんち(秋祭り)では最古の歴史と思われる。以前は毎年11月15日を中心とした3日間ほど開催されていたが、近年は土・日曜日などの休日を利用した日に2日間おこなわれている。内容について当然、神事は大昔から継続されている。しかし、境内や神社周辺の市道などでおこなわれている演目や行事は長年継続中の相撲大会などもあるが、毎年様々な工夫をしながら年ごとに改善あるいは新設されているものもある。さらに松原地区の郷土芸のである松原女相撲甚句や野岳蛇踊りなどが披露される年もある。また、松原くんちは神社周辺の道や駐車場での産地直売の出店、陶器・木工製品や食べ物のなど屋台が多いのも特徴である。11月中旬頃の開催日の関係から神社系の大村での秋祭りとしては締めくくりになっている。(掲載日:2014年12月5日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)松原くんち

松原八幡神社の鳥居(まつばら はちまん じんじゃ の とりい) 所在地:大村市松原本町
<概略説明> この鳥居は松原八幡神社の西側方向にある市道から本殿へ登る場合、その階段の登り口にある。鳥居の左右の柱には碑文がある。損傷している文字は推測しているが、建立年は寛文6丙午年(西暦1666年)9月吉日で建立者は彼杵本町(現在の大村市本町)の中嶋徳右衛門である。全体の大きさは高さ290cm、横幅395cmで、柱最下部の円周は149cmである。この鳥居は下部が太く、上部の方が細い形状を持つ肥前鳥居である。この肥前鳥居タイプは大村市内では類例が他にほとんどなく珍しいとも言われている。(掲載日:2014年10月12日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)松原八幡神社、鳥居の碑文

松原八幡神社の古い手水鉢(まつばらはちまんじんじゃ の ふるいちょうずばち) 所在地:大村市松原本町
<概略説明> この手水鉢は松原八幡神社の鳥居東側にある。土台石を含めた全体の大きさは高さ78cm 、横幅163cm、最上部の周囲403cmである。手水鉢の南東側に高さ約20cm、横15cmの大きさで一段削り取った碑文面があり、そこに建立者3名が彫られている。正確な建立年は不明だが推測ながら江戸時代中期に松原八幡神社が現在地に再興(再建)された頃と思われる。面取りなどの成形はしてあるようだが自然石できていると思えないくらいに形の良いものである。 (掲載日:2014年10月29日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)松原八幡神社の古い手水鉢

--準備中--

--準備中--

ご注意:この大村辞典(大村歴史観光辞典)は『はじめに』のページでも書いていますが、個人で作成している関係上、用語、内容や解説について、あくまでもご参考程度にご覧下さい。なお掲載後も記述内容などに間違いがあれば、その都度変更していきたいと考えています。

この大村辞典の目次ページに戻る
大村辞典
はじめに
もくじ
関連ページ 「お殿様の偽装」ページ 「大村の歴史」ページ
最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク