最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村辞典
はじめに
もくじ
大村辞典 の”の項目

の”の項目
野田楽隊(のだ がくたい) 所在地:大村市野田町
<概略説明> 野田楽隊は活躍当時、大村市内で最初の楽隊(ブラスバンド)とも思われ、大変人気があった。この楽隊ができるきっかけは野田郷(町)生まれの浜田彪氏が同郷(町)の青年団に寄付したことに始まる。(浜田彪氏の紹介ページ参照) 浜田氏は1933(昭和8)年に野田郷青年団へ(当時の金額で)100円を寄付されている。この寄付金をもとに当時は珍しかった楽器の購入資金とした。そのこともあり、戦前のいつから楽器購入及び練習・演奏をしたかの記録はないが、1940(昭和15年)頃におこなわれた赤似田堤の堤防かさ上げ工事完成祝い時には、楽器を持った姿が写真に写っているので、既にその前から演奏まで出来ていたと推測される。そして毎年開催されている福重地区敬老会、野岳湖周辺で開催されていた野岳運動会にも参加し人気があった。ただし、現在は野田楽隊はない。(掲載日:2018年3月12日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『野田楽隊


---準備中--

野田川(山田川)(のだがわ、やまだがわ) 所在地:大村市野田町、今富町、宮代町
<概略説明> 野田川(山田川)は佐奈河内川の支流で最下流は今富橋の上流で両河川は合流する。ただし源流部は二つに分かれている。一つは野田町にある笠山や赤似田堤(あかにたつつみ)周辺で最下流から1.9km。もう一つは宮代町の高良谷牧場周辺で最下流から直線で約4kmある。この二つの川筋は野田町の字(あざ)「赤似田(あかにた)」の南西端付近で合流している。江戸時代の大村藩領絵図には「山田川」との文字入りでに描かれているが、現在は「野田川」の呼称や表記も多い。最下流域(今富橋から数百メートル上流部)は野田川の流れを二手に分流してある。推測ながら1957(昭和32)年あるいは1962(昭和37)年の水害時に、この周辺にまるで数個の「ため池」ができたみたいに氾濫(はんらん)したこともあり水害対策上もあり北側の水路(両岸はコンクリート)で分けたものと思われる。(掲載日:2018年9月23日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『野田川(山田川)

野岳湖(のだけこ、野岳ため池、野岳大ため池、野岳大堤 所在地:大村市東野岳町
<概略説明> 野岳湖の名称について江戸時代の大村藩領絵図には「大堤(おおつつみ)」、(大村)郷村記には「野岳大堤(のだけ おおつつみ)」と書いてある。クジラ漁で財をなした深澤義太夫勝清(ふかざわ ぎだいゆう かつきよ)が私財を投じ、江戸時代初期に1年7カ月の歳月をかけて寛文3年(1663)に完成させた人造湖(じんぞうこ)である。主目的は灌漑用(かんがいよう、農業用水確保)ある。湖水の周囲は約3kmで貯水量(ちょすいりょう)は約120万トンと言われている。築堤後、江戸時代だけでも2回の洪水吐(こうずいばき)に設置の横幅約11m、高さ約61p、厚さ約12pの木井桶(きいび)の改修工事がおこなわれ堤防近くに2基の記念碑がある。現代でも堤防からの漏水・下流域への被害防止、農業用水の安定確保などを目的に農村地域防災減災事業(旧ため池等整備事業)が、2008年度の測量や設計から始まり、総事業費7億5千万円(国55%、長崎県25%、大村市20%)で堤防などの工事が8か年おこなわれ2015年3月に竣工した。2010年3月11日、全国ため池百選に選ばれた。野岳湖は多良岳県立公園内にあり風光明媚(ふうこうめいび)な所であり、その湖畔には儀太夫記念館(ぎだいゆうきねんかん)、ロザ・モタ広場、多目的広場、水辺の広場、トリム広場、キャンプ場などがある。毎年5月の連休中には新茶祭りなどで賑わっている。(掲載日:2018年8月15日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページ、全国百選の地シリーズの『
野岳湖(野岳ため池)

---準備中--

野田古墳(のだ こふん) 所在地:大村市野田町
<概略説明> 野田古墳は1962(昭和37年)3月、多良山系から伸びた尾根づたいの標高80mの斜面(山林原野)をみかん畑にするため開墾中、偶然、発見発掘された。古墳の主体は両袖式の横穴式石室と言われている。大きさは奥ゆき及び幅とも約2mあった。この石室の上に天井板ような平たい石がかぶさり、その上の盛り土が施され墳丘のようになっていたと思われたが、その大きさまでは当時確認できなかった。また、この開墾時、下側にも2其の古墳があったがブルドーザーで破壊した後だったと言う。さらに、それから約20年後、高速道路・長崎自動車道の工事があった。1990(平成2)年1月26日大村〜武雄北方間の開通前の数年前に、さらに新たに2基ほどの古墳が出土したが、壊された。これにより、野田古墳は合計5基の古墳群だったと思われる。この当時まで先に発掘された野田古墳は現存していたが、移設も保存処置もされなかったため高速道路工事とともに、この1基も壊された、野田古墳は合計5基の出土が確認されたが、現在は何もない。高速道路に架かる高野橋近くにある農道開通記念碑は野田古墳の天井板(平たい石)で、これは今でも残っている。(掲載日:2012年7月9日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『野田古墳


野田新地節(のだ しんちぶし) 所在地:大村市野田町
<概略説明>
 この踊りの歴史は明治時代の後期に諫早の小野島から伝授されたとの説がある。また、『福重青年団史』に「昭和4年から5年頃、北高木郡深海に当時の野田郷青年団が習いに行き、この方々に野田郷まで来てもらい鷲塚家で二昼夜稽古をした」とも記述されている。いずれにしても諫早干拓当時の終末の様子の踊りや歌を当時の野田郷(町)の方々が習われ、福重地区の敬老会、野田での祝宴などの余興として、歌い踊られきた。この踊りの見どころは潟を入れる者と、それを天びん棒で荷う(になう)者、男女が一組となり歌と囃子(はやし)に合わせて、腰を振りながら軽快な動きで面白く踊る所作(しょさ)である。(掲載日:2017年8月21日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『野田新地節

野田の鍬踊(のだ の くわおどり) 所在地:大村市野田町
<概略説明>
 この踊りの歴史は大正時代(1912〜1926年)の中期頃、西彼杵郡中浦(現在の西海町)の住人で越田善吉 氏が東北方面へ旅行された時、人と鍬(くわ)とが一体となり喜び、豊作を祝っての踊りに感動され、自分も習い持ち帰られた。その後、大正末期頃、西大村の池田坂口に転勤され当時の野田郷(町)の田川家(現在の越田家)と親戚関係だったので、当時の青年団などに伝授(でんじゅ)されたものである。 その後、郷内(町内)のお祝い、福重地区の敬老会や夏祭りの余興などに踊ったとの伝承もある。野良衣姿の男女が鍬を片手におどる豊年万作踊りである。その調子は明るく軽快な踊りで農民の心意気を面白く表現している。道踊りと本踊りがある。(掲載日:2017年8月19日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『野田の鍬踊


野田の六地蔵(のだ の ろくじぞう) 所在地:大村市野田町
<概略説明>
  六地蔵は、ほかに六体地蔵とも六面地蔵とも呼称されているが、(大村)郷村記を参照して六地蔵で呼称を統一している。野田の六地蔵は全体の高さは、約90センチで、一つの石のまわりに六体の地蔵がある。(詳細は下記から参照)(掲載日:2006年8月27日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『野田の六地蔵


野田平原の馬頭観音(のだひらばる の ばとうかんのん) 所在地:大村市東野岳町
<概略説明>
  この馬頭観音は野岳湖公園管理事務所の下側、旧道(湖畔の外周道路)脇にある。土台には碑文が彫ってあり、次の「」通りである。<「昭和四年三月吉日 馬頭観世音 野田平原建立 福重村 石工 吉田若松」 これを現代語訳すると次の<>内である。<馬頭観音を昭和4(1929)年三月吉日に野田平原で建立した)。石工は福重村の吉田若松である> 本体の大きさは高さ57cm、横幅37cm、胴囲77cmである。この馬頭観音は大村市内で他にあまり見られないような珍しい造り、繊細で美しいレリーフである。(詳細は下記から参照)(掲載日:2018年8月3日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『野田平原の馬頭観音


--準備中--

ご注意:この大村辞典(大村歴史観光辞典)は『はじめに』のページでも書いていますが、個人で作成している関係上、用語、内容や解説について、あくまでもご参考程度にご覧下さい。なお掲載後も記述内容などに間違いがあれば、その都度変更していきたいと考えています。

この大村辞典の目次ページに戻る
大村辞典
はじめに
もくじ
関連ページ 「お殿様の偽装」ページ 「大村の歴史」ページ
最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク