最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク
大村辞典
はじめに
もくじ
大村辞典

”た”の項目


”た”の項目
(大村市消防団)第11分団(だい11ぶんだん) 所在地:皆同詰所は皆同町、立福寺分駐所は野田町
<概略説明> 大村市消防団・第11分団の管轄区域は福重地区(10町内、旧・福重村=現在の福重小学校の校区)である。分団員定数は「71名」だが2018年1月現在で在籍数は57名である。第11分団の発足は大村市消防団と同じ1947(昭和22)年である。それまで(旧・福重村時代の)警防団と言う名称であった。さらに福重村警防団の前は福重村消防組と思われる。その消防組と呼ばれている組織は全国的には「明治27年(1894年)勅令で「消防組規則」を制定」されているので、福重村もその頃に発足したものと推測される。大村市消防団の発足主旨は「自分たちのまちは自分たちで守る」という「郷土愛護の精神」と、市民の生命・財産を守るという「奉仕の精神」をもつ市民により組織されものである。(掲載日:2018年6月16日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『
大村市消防団・第11分団(旧・福重村の消防組、警防団)の概略史

大神宮(今富町)(だいじんぐう)  所在地:大村市今富町
<概略説明> この大神宮は、(大村)郷村記によると1542(天文11)年、大村純前が今富城内に創建した。その後、尾崎(おさき、現在の今富橋近く)に移されたといわれている。1574年にキリシタンによる焼打ち、略奪などにより破壊された。江戸時代の1671年に現在地(冷泉寺)に再建された。
(掲載日:2011年3月25日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)大神宮(今富町)

太神宮(重井田町)(だいじんぐう)  所在地:大村市重井田町
<概略説明> 太神宮は、重井田町公民館敷地内にある。鳥居をくぐり、公民館裏の階段を登ると、石の祠(ほこら、神社)がある。大村市内に数多くの神社があるが、大きな石の上に祠があるのは、けっこう珍しい。創建は不明だが、再建されたのは、寛政2(1790年)年である。(掲載日:2011年3月30日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)太神宮(重井田町)


大日堂(だいにちどう)  所在地:大村市寿古町
<概略説明> 大日堂は、戦国時代(大村純忠の頃)、天正2(1574)年、キリシタンによる他宗教弾圧が起こり神社仏閣への焼打ち、略奪、破壊の限りをつくした。僧侶・峯阿乗(みねあじょう)は、その弾圧攻撃から嬉野へ逃れようとしている途中、福重村でキリシタンに捕まり殺害され死体は便所に捨てられた。その場所に建立されたのが大日堂である。現在、お堂(建物)はなく、大日如来(だいにちにょらい)の石仏が祭ってある石祠(せきし)がある。(掲載日:2012年2月28日)
<関連詳細ページ>・(福重ホームページの)『大日堂、・『峯阿乗の碑

題目五千回唱和記念碑(だいもく 5000かい しょうわ きねんひ)  所在地:大村市松原本町
<概略説明> この記念碑は、大村市松原本町にある松原八幡神社へ登る階段左側(西側)にある。大きさは高さ約198cm、横幅約122cm、周囲約260cmである。「題目五千回唱和」の意味は「法華宗(日蓮宗)のお題目、南無妙法蓮華経を5000回唱えた」と言う意味である。題目唱和の年もしくは記念碑建立の年月日は寛文8(1668)年 2月15日で、建立者は法華宗(日蓮宗)の信者(檀家)と推定される。碑文内容の現代語訳は次の<>内の通りと思われる。<寛文8戊申(つちのえさる、ぼしん) (1668) 年2月15日に南無妙法蓮華経を法界のために5000回(編)唱和達成し、奉納した>なお、このような題目5000回唱和の記念碑は全国でも珍しいと思われる。(掲載日:2014年8月17日)
<関連詳細ページ>・(福重ホームページの)松原八幡神社にある題目五千回唱和記念碑

高野大権現(たかのだいごんげん)  所在地:大村市今富町
<概略説明> 高野大権現は今富町ながら野田町に近い位置にある。この境内には馬頭観音もある。境内横には元々、溜め池(高野権現堤)があったが、今は埋め立てられているため広い敷地(境内)みたいに見える。春は境内周囲の桜が咲き綺麗な所でもある。(掲載日:2011年10月8日)
<関連詳細ページ>・(福重ホームページの)『高野大権現

高野の馬頭観音(たかのばとうかんのん)  所在地:大村市今富町
<概略説明>
 高野の馬頭観音は今富町、高野大権現の鳥居脇(西側)にある。建立年は文化5 (1808 )年12月で建立者は今富村の修行者・安次郎である。本体の大きさは高さ77cm、横幅30cm、胴囲77cmである。蓮華座下部に先の建立年や建立者名とともに(現代語訳で)「天下泰平、国土安全を祈願し日本諸国を廻って法華経を奉納する」との碑文がある。この碑文は馬頭観音として「馬の神様」みたいなことが何も彫られていない。これ自体、大村市内では珍しい文章である。本像は彫りの深いレリーフ調でインド彫刻にも似ている。江戸時代建立の馬頭観音では水準の高い出来栄えである。(掲載日:2014年7月24日)
<関連詳細ページ>・(福重ホームページの)高野の馬頭観音

立石様(たていしさま)  所在地:大村市草場町
<概略説明>
 草場町公民館から西南西方向へ115m下った市道の東側脇(道路より一段高い畑の端側)に「立石様」と通称されている自然石がある。大きさは高さ130cm、横幅160cmである。大村市内あるいは全国でも「立石様」、「石立様」と呼ばれている石や地名が多くあるが、そのいずれもが「古代の道(官道)」の道標(どうひょう=道しるべ)跡といわれている。この「立石様」の元あった場所は今の場所より10数メートル東側に行った里道(赤道)脇にあったが、田んぼ(畑)の圃場整備(基盤整備)時に現在地に移されたと言う。草場町を南北ほぼ直線に縦断する市道は古代肥前国時代の「古代の道跡」ではないかと言われてきた。その道周辺に「立石様」はあったので、「古代の道(官道)の道標」と言われている。草場町と旧・草場郷のあった場所付近含めて、地名(字=あざ)として「高縄手(高くて真っ直ぐな道)」、「京辻(都を望むような十字路)」、「馬込(馬を泊めておく所)」、「辰ノ口(東南東方向)」、「立石(道標の石がある所)」などもあり、これらの地名は「古代の道と駅」と関係しているとも言われている。(掲載日:2015年11月8日)
<関連詳細ページ>・(福重ホームページの)立石様

太郎岳大権現跡(たろうだけだいごんげんあと)  所在地:大村市重井田町
<概略説明> 大村郷村記によれば郡岳(826m)の旧称:太郎岳には奈良時代の和銅年間(708〜715年)太郎岳大権現が開山した。そして戦国時代の文明年間(1469〜1486年)に多良岳に遷座した。現在でも郡岳の東側八合目付近には本坊跡の平地、山の頂上には礎石跡の4個の石が残っている。なお、西側八合目付近にある坊岩(ぼうのいわ、高さ約40、幅約50m)の名前の”坊”の由来は、この本坊からである。(掲載日:2012年3月30日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『太郎岳大権現


丹投石(たんとうせき)  所在地:大村市福重町(妙宣寺の境内)
<概略説明> 丹投石の意味は「キリシタン()がげたである。その時期は正確には不明ながら、妙宣寺が現在地に引っ越してきた1614年の後頃と思われる。その名称の由来はキリシタン禁教後に広まった仏教や妙宣寺に恨みを抱いたキリシタンが裏山から大きな石(自然石)を本堂破壊を目的に投げたということからである。丹投石は江戸時代から昭和時代初期までは本堂裏庭にあったが、昭和4(1929)年11月15日に(深重山妙宣寺を)開山(創建)した日順上人(にちじゅん しょうにん)没後300年の時、現在地に記念碑として檀家で建立したものである。(掲載日:2014年7月13日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)
丹投石

檀の熊野権現(だんのくまのごんげん)  所在地:大村市今富町
<概略説明> 今富町の段にある檀の熊野権現は民家の裏山方向(段の集会場から直線で百数十メートル)にある。大村郷村記によれば(現代語訳で)「正保(しょうほ)の年代(1644年から1647年)に建立。延宝六年(1678年)2月に再建。神殿が萱(かや)ぶきだったので文化8年(1811年)の3月に石祠を建立した」と書いてある。(掲載日:2012年3月26日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)『檀の熊野権現


段の馬頭観音(だんのばとうかんのん)  所在地:大村市今富町
<概略説明> 段の馬頭観音は今富町の段にある熊野権現の鳥居横(西側)にある。建立年は明治17(1884)年10月で、建立者は福重村段郷(町)である。本体の大きさは高さ58cm、横幅33cm、胴囲86cmである。形状は三面六臂の立像である。この立像形式は福重地区内では一体だけだ。他の馬頭観音と比べたら左右の袖(そで)部分が広く、これも大きな特徴と思える。それに頭部、面(顔)、袖、足、蓮華座などと各パートがけっこう明確に分かりやすい造りである。あと土台が石像本体の大きさに比べて、かなり大きい。(掲載日:2014年8月16日)
<関連詳細ページ>・『(福重ホームページの)
段の馬頭観音

-----

ご注意:この大村辞典(大村歴史観光辞典)は『はじめに』のページでも書いていますが、個人で作成している関係上、用語、内容や解説について、あくまでもご参考程度にご覧下さい。なお掲載後も記述内容などに間違いがあれば、その都度変更していきたいと考えています。

この大村辞典の目次ページに戻る
大村辞典
はじめに
もくじ
関連ページ 「お殿様の偽装」ページ 「大村の歴史」ページ
最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク